はじめに

DO-APIについて

DNSアウトソースサービスでは、DNSレコードやゾーン情報などを、お客様が用意したプログラムから自動的に操作するためのAPI機能を提供しています。

以降、DNSアウトソースサービスが提供するAPIを「DO-API」と表記します。

DO-APIは、DNSアウトソースサービスをご契約中のお客様はどなたでもお使いいただくことができます。

本リファレンスマニュアルでは、DO-APIを利用するために必要な技術情報をご説明しています。

DO-APIで操作可能な機能

DO-APIではDNSアウトソースサービスに関する以下の操作を行うことができます。

詳しくはAPI一覧をご覧ください。

  • DNSアウトソースサービス
    • DNSレコードの編集
    • DNSレコード一括編集
    • レコード変更履歴
    • DNSへの反映 / リセット
    • APEXレコードのアドレス再取得 / 更新(2015年9月提供開始)
    • システム履歴の取得(2015年9月提供開始)
    • 契約・解約(2015年9月提供開始)
      ※ゾーン削除のAPIは 2015年11月に提供開始
  • サイトフェイルオーバーオプション
    • グループの設定(2015年9月提供開始)
    • 監視の設定(2015年9月提供開始)
    • SorryServerの設定(2015年9月提供開始)
    • 通知先メール / 通知先電話の設定(2015年9月提供開始)
    • 契約状態の取得(2015年9月提供開始)
    • 契約・解約(2015年9月提供開始)

DO-APIでは継続的に機能を拡充して行く予定です。

機能追加は本リファレンスマニュアル、およびIIJサービスオンラインでお知らせいたします。

本リファレンスマニュアルと合わせてご利用できる資料

DO-APIをご利用の場合、下記資料も参照されることをお勧めいたします。

サポート範囲

DO-APIで提供するAPIを呼び出すためのプログラム、および、そのプログラムを稼働させるためのサーバは、お客様にてご用意ください。
お客様にご用意いただくプログラムの開発、利用、動作についてのお問い合わせは承ることができません。

以下の事項についてのお問い合わせは、弊社サポートセンターにて承ります。

  • DO-APIの挙動が本リファレンスマニュアルと異なる場合
  • DO-APIがシステムエラーを応答した場合