グループの種類

SecureWebマネージャにログインするためのアカウントが所属できるグループは以下の2種類です。
アカウントの新規作成を行うと、該当アカウントはusersグループに所属します。必要に応じてmanagersグループに登録してください。
グループ管理の機能で所属するメンバーを編集することができますが、グループ自体を追加、削除することはできません。

【注意】

  • この機能はmanagersグループのアカウントでログインしなければ使えません
  • アカウント一括登録の機能では、アカウント情報ファイルに所属グループをあらかじめ記載しておくことで、アカウント一括登録の際にmanagersグループに登録することが可能です

グループ説明
managersSecureWebマネージャのすべての機能を操作可能なグループです
managersグループに所属するアカウントはusersグループにも所属します
導入時に発行される初期管理アカウント「default-manager」はmanagersグループに登録され、managersグループから削除することはできません
users

すべてのアカウントが所属するグループです。
usersグループにのみ所属するアカウントは、以下の操作のみ実施可能です。

  • ファイル操作の「ファイル一覧」「スナップショット」
  • サイトツールの「ベーシック認証」「ダイジェスト認証」
  • 個人設定の「パスワード変更」