Webサイト用フォルダ

Webサイト用フォルダ

お客様のディスクエリアの中には、1つのWebサイトにつき2つのフォルダが存在します。これら2つのどちらを開いても、同じフォルダが参照されます。

  • お客様Webサイトのサービスコードと同じ名前のフォルダ
  • お客様Webサイトのサービスコードとご契約ホスト名を組み合わせた名前のフォルダ

複数のWebサイトを管理している場合には、管理しているWebサイトの分だけフォルダが存在します。

【注意】

  • 例)サービスコードが whtXXXXXXXX、ご契約ホスト名が www.example.jp の場合、「whtXXXXXXXX」フォルダ、及び「whtXXXXXXXX_www.example.jp」フォルダの2つのフォルダが存在します

Webサイト用フォルダの構成

Webサイト用フォルダの中には次の表に書かれているフォルダが設置されていますので、用途に応じたフォルダにファイルをアップロードしてください。

フォルダ説明
authこのフォルダに設置されているファイルをWebブラウザで閲覧することはできません。認証用データの収納等にご利用ください
dataこのフォルダに設置されているファイルをWebブラウザで閲覧することはできません。CGIのデータの格納等にご利用ください
htdocsこのフォルダに設置されたファイルは以下のURLで閲覧されます
http://ご契約ホスト名/ファイル名
(例:http://www.example.jp/index.html)
logsログファイルが設置されるフォルダです。設置されているファイルをWebブラウザで閲覧することはできません

以下のフォルダはIIJ Webハイグレード2サービスでのみご利用いただけます。

 項目説明
cgi-binこのフォルダに設置されたファイルは以下のURLで閲覧されます
http://ご契約ホスト名/cgi-bin/ファイル名
(例:http://www.example.jp/cgi-bin/index.cgi)
設置されたすべてのファイルがCGI、PHPとして処理されます
ssl-htdocsこのフォルダに設置されたファイルはSSL/TLSを用いて以下のURLで閲覧されます
https://ご契約ホスト名/ファイル名
(例:https://www.example.jp/index.html)
ssl-cgi-binこのフォルダに設置されたファイルはSSL/TLSを用いて以下のURLで閲覧されます
https://ご契約ホスト名/cgi-bin/ファイル名
(例:https://www.example.jp/cgi-bin/index.cgi)
設置されたすべてのファイルがCGI、PHPとして処理されます
streamingこのフォルダに設置されているファイルをWebブラウザで閲覧することはできません