ログ

Q. トラフィックグラフやコネクション数グラフが更新されるのはいつですか?

A.

毎日1回更新されます。通常、日本時間の深夜から未明の間に更新されます。
生成時刻は状況により前後する可能性があるため、ご注意ください。

 

Q. 前日分のアクセスログが生成されるのはいつですか?

A.

通常、日本時間の深夜から未明の間に生成されます。
生成時刻は状況により前後する可能性があるため、ご注意ください。

 

Q. ログの容量はディスク使用量に含まれますか?

A.

IIJセキュアWebプラットフォームのログは契約容量に含まれません。 また、このログを削除することはできません。
なお、管理対象サービスのログは契約容量に含まれます。

 

Q. ログを生成するためのディスク容量が不足している場合どうなりますか?

A.

既に生成されているログが、ログを生成するために必要な容量ができるまで、古いものから順に削除されていきます。この場合、保存期間内のログであっても削除されますのでご注意ください。

 

Q. ログを解析した結果を見ることはできますか?

A.

AWStats を使用することで、ログを様々な方法で解析した結果を見ることができます。
なお、IIJ Webスタンダード2サービスではログを解析した結果をご覧いただくことはできません。

 

Q. ログの見方を教えてください。

A.

アクセスログの例

アクセスログ(access_log、ssl_access_log)は、Combined Log Format(コンバインド形式)で記録されます。

アクセスログは1回の要求について1行で記録され、各行には以下のような情報が含まれます。

192.0.2.1 - - [01/Dec/2009:12:34:56 +0900] "GET /index.html
HTTP/1.0" 200 4321 "http://www.example.jp/index.html"
"Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; InfoPath.2)"
クライアントのIPアドレス192.0.2.1
アクセスが終了した日時[01/Dec/2009:12:34:56 +0900]
メソッドGET
ファイル名/index.html
ブラウザが要求したHTTPのバージョンHTTP/1.0
ステータスコード ※200
転送したバイト数4321
リファラ(リンク元URL)http://www.example.jp/index.html
エージェント(Webブラウザ)Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; InfoPath.2)
※主なステータスコード
200OK
302Found
304Not Modified
400Bad Request
401Unauthorized
403Forbidden
404Not Found
500Internal Server Error
501Not Implemented

その他ステータスコードは、RFC2616よりご確認ください

FTPログの例
192.168.2.1 test [15/Aug/2014:14:50:18 +0900] "STOR /whtXXXXXXXX/htdocs/example/test.txt" 226 4 /whtXXXXXXXX/htdocs/example/test.txt
クライアントのIPアドレス192.168.2.1
ログインアカウントtest
アクセスが終了した日時[15/Aug/2014:14:50:18 +0900]
FTPコマンドSTOR /whtXXXXXXXX/htdocs/example/test.txt
ステータスコード226
転送バイト数4
更新されたファイルのパス/whtXXXXXXXX/htdocs/example/test.txt
操作ログの例
"2017/08/21 02:12:07",212,"192.168.2.1","default-manager","UPLOAD","OK","","/whtXXXXXXXX/htdocs/exapmle/test.txt","","","",141,""
操作日時2017/08/21 02:12:07
処理にかかった時間212
接続元IPアドレス192.168.2.1
操作を実行したアカウント名default-manager
操作種別 ※UPLOAD
操作の成功可否OK
操作を実施したファイル/フォルダ名/whtXXXXXXXX/htdocs/exapmle/test.txt-
操作元ファイル/フォルダのパーミッション -
操作の実施先ファイル/フォルダ -
操作後ファイル/フォルダのパーミッション -
操作ファイルサイズ(Byte)141-
追加/編集/削除されるアカウント/グループ名 -

○:必ず値が出力されます

 - :操作種別によって値が出力されない場合があります

※操作種別とログが出力される操作例
LOGINSecureWebマネージャへログインする
UPLOADSecureWebマネージャを利用してファイルをアップロードする
MKDIRSecureWebマネージャを利用してフォルダを作成する
CHMODSecureWebマネージャを利用してファイルのパーミッションを変更する
COPYSecureWebマネージャを利用してファイルをコピーして貼り付ける
MOVESecureWebマネージャを利用してファイルを切り取り貼り付ける
RENAMESecureWebマネージャを利用してファイル名を変更する
REMOVESecureWebマネージャを利用してファイルを削除する
ACCOUNT_CREATEアカウントを作成する
ACCOUNT_UPDATEアカウント情報を更新する
ACCOUNT_DELETEアカウントを削除する
GROUP_UPDATEグループ情報を更新する
WEB_SERVICE_SETTING_UPDATECGI領域を新たに設定する
エラーログの例
[Sun Nov 30 17:58:18 2014] [error] [client 192.168.2.1] File does not exist: /whtXXXXXXXX/htdocs/test.txt
 エラー日時[Sun Nov 30 17:58:18 2014]
エラー種別[error]
接続元IPアドレス[client 192.168.2.1]
エラー内容File does not exist: /whtXXXXXXXX/htdocs/test.txt

Q. ダウンロードできるログの種類を教えてください。

A.

前日から過去のログは、SecureWebマネージャ、WebDAV、FTPにてダウンロード可能です。

管理対象サービスのログ

「ファイル一覧」から、「/ルート/サービスコード/logs」あるいは「/ルート/サービスコード_ご契約ホスト名/logs」にアクセスして以下のログをダウンロード可能です。

ダウンロードできるログファイル名備考
アクセスログ(HTTPアクセスログ)access_log_年月日.zip 
アクセスログ(HTTP(IPv6)アクセスログ)access6_log_年月日.zipIIJ Webハイグレード2サービスのみ
アクセスログ(HTTPSアクセスログ)ssl_access_log_年月日.zipIIJ Webハイグレード2サービスのみ
アクセスログ(HTTPS(IPv6)アクセスログ)ssl_access6_log_年月日.zipIIJ Webハイグレード2サービスのみ
エラーログerror_log_年月日.gzIIJ Webハイグレード2サービスのみ
サイト内検索ログ検索対象名.log.年月日IIJ Webハイグレード2サービスのみ
メールフォーム、まはたフォームアーカイブの日次ファイルform_フォルダ名.年月日.csv 
IIJセキュアWebプラットフォームのログ

「ファイル一覧」から、「/ルート/logs」にアクセスして以下のログをダウンロード可能です。

ダウンロードできるログ格納場所ファイル名
FTPログftbd フォルダ内wpXXXXXXX-xferlog.年月日
ジョブ実行ログjob フォルダ内swm-job_年月日.log
操作ログoperation フォルダ内swm-operation_年月日.log

 

Q. 日付の無い「access_logファイル」は何ですか?

A.

当日分のアクセスログファイルで、アクセスがある度に更新されるものです。
ただし、ファイルを閲覧するためには、SecureWebマネージャにログインしていただき、サービスコードのみが記入されているフォルダからlogsフォルダを選択しダウンロードしていただく必要がございます。

 

Q. アクセスがない場合でも、ログファイルは生成されますか?

A.

いいえ、生成されません。