DO-APIを利用する