PUT sorry/(enable)

API情報

管理権限HTTPメソッドAPI名/(サブAPI名)目的
不要PUTsorry/(enable)SorryServerの有効化
  • SorryServerの設定を有効化します。
  • 同時に独自サーバを設定する場合は、HTTPリクエストボディに独自サーバアドレスを指定してください。
  • 共有サーバから独自サーバへの変更も本APIで可能です。
  • Active/Standby全ての監視が失敗している状態でSorryServerを有効化すると、SorryServerのアドレスが即時に登録されます。

個別パラメータ

URL
フィールドタイプ必須意味
DoServiceCodeString

DNSアウトソースサービスのサービスコード

DowOptionCodeStringサイトフェイルオーバーオプションのサービスコード
ZoneNameString操作対象のゾーン名 (例: example.jp)
  • 操作対象のゾーン名は、GET zonesで取得した文字列を指定してください。
HTTPリクエストボディ
フィールドタイプ必須意味
OriginalServerString×

独自サーバアドレス(IPv4アドレス / IPv6アドレス)

OriginalServerListArray×独自サーバアドレス (IPv4 アドレス / IPv6 アドレス) のリスト

レスポンス

エラーコード

エラーHTTP Status CodeErrorTypeErrorMessage説明備考
パラメータエラー200ParameterErrorThere are invalid parameters.

以下のパラメータの形式が不正

  • DoServiceCode
  • DowOptionCode
  • ZoneName
  • OriginalServer
  • OriginalServerList
 
リソースエラー200ResourceNotExistResource is not found.

以下のいずれかのリソースが存在しない

  • 契約情報
  • オプション情報
  • ゾーン
 
UnrelateErrorResource is unrelated to other resources.

以下それぞれのリソースの組み合わせが正しくない

  • 契約情報
  • オプション情報
  • ゾーン
 

制限

  • 契約外のゾーンに対する操作は実行できません。
  • 弊社にて独自サーバアドレスへの疎通は確認しておりません。
  • 独自サーバアドレスを変更した場合、変更前のレコードはゾーンから削除されます。
  • OriginalServer と OriginalServerList がどちらも指定された場合は OriginalServerList が優先されます。

サンプル

リクエスト

PUT /r/(APIVersion)/(DoServiceCode)/(DowOptionCode)/(ZoneName)/sorry/enable.json HTTP/1.1
Host: do.api.iij.jp
Date: Mon, 20 Jan 2014 12:34:56 GMT
x-iijapi-Expire: (Expire)
x-iijapi-SignatureMethod: (SignatureMethod)
x-iijapi-SignatureVersion: (SignatureVersion)
Authorization: IIJAPI (AccessKeyId):(Signature)

 
{
    "OriginalServerList": [
        "192.0.2.1",
        "192.0.2.2"
    ]
}

レスポンスボディ

JSON
{
    "RequestId": "xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx",
}