更新履歴

DNSアウトソースサービス APIリファレンス 更新履歴

  • 2014年7月3日
    • 初版公開
  • 2015年9月17日
    • DNSアウトソースサービスに関する以下のAPIを追加
      • 契約・解約
      • APEXレコードのIPアドレス再取得/更新
      • システム履歴の取得
    • サイトフェイルオーバーオプションに関する以下のAPIを追加
      • 契約・解約
      • グループの設定
      • 監視の設定
      • SorrryServerの設定
      • 通知先メール/通知先電話の設定
      • 契約状態の取得
    • 以下のAPIの対応レコードタイプを修正
      • GET record
      • POST record
      • PUT record
      • GET records
      • PUT records
      • GET diff
      • GET history
    • 以下のAPIの制限を修正
      • PUT record
    • 「エラーレスポンス」に以下を追加
      • "MonitoringFailed"時のレスポンス形式
      • レスポンスに以下のフィールドを追加
        • ErrorResponse.ErrorDetail.ErrorList.MonitoringType
        • ErrorResponse.ErrorDetail.ErrorList.MonitoringId
        • ErrorResponse.ErrorDetail.ErrorList.Address
    • 「パラメータ」に以下を追加
      • 契約状態
      • 監視対象の種別
      • 通知先電話情報国別コード
      • システム履歴
    • 「はじめに」の以下を修正
      • DO-APIで操作可能な機能
        • DO-APIでは操作できない機能
    • 「API利用方法」の以下を修正
      • APIリクエスト時のパラメータ
    • 「API利用方法 > サービスコード」に以下を追記
      • サービスコードの例(do#######・dow#######)
  • 2015年11月18日
    • 以下のAPIを追加
      • DELETE zone
  • 2016年4月5日
    • 管理権限について追記
  • 2016年12月19日
    • 「はじめに」に以下を追加
      • 本リファレンスマニュアルと合わせてご利用できる資料のリンク
    • 「サンプルプログラム」に以下を追加
      • DNS APIチュートリアルへのリンク
  • 2017年3月9日
    • デザイン変更
  • 2017年6月30日
    • 以下のAPIにタイムアウト値の記述を追加
      • GET monitorings
      • GET monitoring
      • POST monitoring
      • PUT monitoring
    • 以下のAPIに独自サーバアドレスリストの記述を追加
      • PUT sorry/(enable)
  • 2018年6月14日
    • 各APIの対応レコードタイプにCAA、TLSAを追加