自社で用意したDNSサーバを利用中の場合

ここでは、自社で用意したDNSサーバにDNSSECを設定する場合の手順を説明します。

【参考】

弊社のDNSSEC設定を利用できますが、KSK公開鍵はお客様自身で用意してください。

お申し込み

申込書を記入の上、営業担当に渡してください。

【参考】

  • 郵送でお申し込みの場合は、「お問い合わせ」に記載されているIIJインフォメーションセンターお申し込み受付係に送付してください。

契約内容の確認

『IIJインターネットサービスお申込承りのお知らせ』を通知します。契約内容を確認してください。

設定情報の確認

『IIJインターネットサービス登録完了のお知らせ』を通知します。DNSサーバ情報、サービスコード、及びIIJサービスオンラインのログイン情報などを確認してください。

【参考】

  • サービスコード(ご契約ごとに付与される英記号+数字)は、お問い合わせの際に必要となります。

DNSSECの設定
  1. IIJサービスオンライン(https://help.iij.ad.jp/)にアクセスします。

  2. 「マスターID」及び「マスターパスワード」を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。

    【参考】

    マスターID及びマスターパスワードは、『IIJインターネットサービス登録完了のお知らせ』に記載されています。

    IIJサービスオンラインの「HOME」ページが表示されます。

  3. 「設定と管理」>「サービスの設定と管理」を選択し、利用中のドメイン管理サービスに合わせて、「属性地域型ドメイン管理」、「汎用JP型ドメイン管理」または「gTLD型ドメイン管理」を選択します。

    ここでは、「gTLD型ドメイン管理」を選択する場合を例に説明します。

    「属性地域型ドメイン管理サービス」、「汎用JP型ドメイン管理サービス」または「gTLD型ドメイン管理サービス」ページが表示されます。

  4. DNSサーバを登録するサービスコードを選択します。

    選択したサービスコードの「サービストップ」ページが表示されます。
  5. 「DNSSEC設定」を選択します。

    「DNSSEC設定」ページが表示されます。

  6. 「有効(xxxxx.jp 以下のサブドメインも含む)」を選択し、「次へ」をクリックします。

    「DNSSEC設定/設定内容確認」ページが表示されます。

  7. 設定内容を確認し、「設定」をクリックします。

    以上で、DNSSECの設定が完了しました。