正引きでDNSアウトソースサービスを利用する

正引きでDNSアウトソースサービスを利用する場合、ドメイン名の取得元及び管理方法によって、DNSサーバ情報の申請方法が異なります。

新規に取得するドメイン名をIIJで管理する場合

サービスの利用開始日に自動でJPRSまたはレジストラに、DNSサーバ情報(dns-b.iij.ad.jp及びdns-c.iij.ad.jp)の登録が申請されます。お客様自身が申請を行う必要はありません。

他社で取得したドメイン名をIIJで管理する場合

IIJサービスオンライン(https://help.iij.ad.jp/)から、お客様自身でDNSサーバ情報を申請してください。詳細は、「他社で取得したドメイン名の利用中にDNSアウトソースサービスを新規で申し込む」をご覧ください。

他社でドメイン名を管理する場合

ドメイン名を管理している組織に、お客様自身でDNSサーバ情報(dns-b.iij.ad.jp及びdns-c.iij.ad.jp)の登録を申請してください。