逆引きでDNSアウトソースサービスを利用する

逆引きでDNSアウトソースサービスを利用する場合、利用するIPアドレスによって、DNSサーバ情報の申請方法が異なります。

IIJが割り当てるIPアドレスを利用する場合

弊社からJPNICに、DNSサーバ情報(dns-b.iij.ad.jp及びdns-c.iij.ad.jp)の登録を申請します。お客様自身が申請を行う必要はありません。

ポータブルアドレス(PIアドレス)を利用する場合

JPNICに、お客様自身でDNSサーバ情報(dns-b.iij.ad.jp及びdns-c.iij.ad.jp)の登録を申請してください。
ただし、サブアロケーション(1C未満)で逆引きDNSを利用する場合は、お客様からJPNICに申請する必要はありません。

  • 弊社からJPNICへの申請は、平日9:00から17:30の間に行います。なお、DNSサーバ情報がJPNICへ登録されるまでに時間がかかることがあります。