DNSアウトソースサービス・DNSセカンダリサービスの制限事項

  • DNSキャッシュサーバは、DNSアウトソースサービス及びDNSセカンダリサービスでは提供していません。別途、お客様自身で用意してください。
  • 地方公共団体向けのドメイン名「lg.jp」のDNSサーバは、DNSアウトソースサービス及びDNSセカンダリサービスでお申し込みを受け付けています。DNSサーバ情報の申請については、取扱事業者である地方公共団体情報システム機構(J-LIS)へお問い合わせください。
  • サブドメインで利用する場合は、上位ドメインで使用するDNSサーバを用意し、サブドメインのNSレコードを登録してください。
  • DNSアウトソースサービス及びDNSセカンダリサービスでは、一度利用を開始したドメイン名と逆引きでご利用のネットワークアドレスは変更できません。変更するには、現在のサービスを解約し、新たにご契約いただく必要があります。
  • 以下の接続サービスで弊社がお客様に割り当てたIPアドレスのみ、逆引き機能を利用できます※1 ※2
    • インターネット接続サービス
    • IIJ インターネットアクセスサービス
    • IIJデータセンター接続サービス
    • IIJ FiberAccess/Fサービス ※3 ※4
    • IIJ FiberAccess/Qサービス ※3 ※4
    • IIJ FiberAccess/Cサービス ※3 ※4
    • IIJ FiberAccess/Uサービス ※3 ※4
    • IIJ DSL/Fサービス ※3 ※4
    • IIJ ISDN/Fサービス ※3 ※4
    • IIJ GIOコンポーネントサービス
      • ネットワークアドオン グローバルIPアドレス
      • 仮想化プラットフォーム VWシリーズ インターネット接続VLAN/VW
    • IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソース
      • ネットワーク インターネット接続
    • IIJ IPv6 FiberAccess/Fサービス タイプPPPoE

※1:ポータブルアドレス(PIアドレス)は、インターネット接続サービス、IIJデータセンター接続サービスまたはIIJインターネットアクセスサービスで利用中のもので、弊社より経路広報を行っている場合に限り利用できます。

※2:IPv6アドレスの逆引き機能は、インターネット接続サービス、IIJデータセンター接続サービス、IIJ IPv6 FiberAccess/Fサービス タイプPPPoEのいずれかのサービスで利用中のもので、/48アドレスブロックと/56アドレスブロックをご契約の場合に限り利用できます。

※3:1/64C及び1/256Cでは利用できません。

※4:割り当てられているIPアドレスが8個以上の場合に限り利用できます。