サブドメイン名+DNSアウトソースサービスを新規で申し込む

ここでは、サブドメイン名を別ゾーンとして管理するために、新たにDNSアウトソースサービスを申し込む場合について説明します。

  • サブドメイン名は「ホスト名.サブドメイン名」(例:host1.sub-domain)という形式でホスト名を入力することにより、ドメイン名と同一ゾーンで管理することもできます。
  • DNSアウトソースサービスの詳細については、「DNSアウトソースサービス」をご覧ください。DNSアウトソースサービスの制限事項については、「DNSアウトソースサービス・DNSセカンダリサービスの制限事項」をご覧ください。
  • お申し込みから利用開始までにかかる時間は、2週間程度です。

1. お申し込み

申込書を記入の上、営業担当に渡してください。

  • 郵送でお申し込みの場合は、「お問い合わせ」に記載されているIIJインフォメーションセンターお申し込み受付係に送付してください。

2. 契約内容の確認

『IIJインターネットサービスお申込承りのお知らせ』を通知します。契約内容を確認してください。

3. 設定情報の確認

『IIJインターネットサービス登録完了のお知らせ』を通知します。DNSサーバ情報、サービスコード、及びIIJサービスオンラインのログイン情報などを確認してください。

  • サービスコード(ご契約ごとに付与される英記号+数字)は、お問い合わせの際に必要となります。

4. DNSサーバの登録

1.IIJサービスオンラインのURLにアクセスします。

IIJサービスオンラインのログインページが表示されます。

2.「マスターID」及び「マスターパスワード」を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。
  • マスターID及びマスターパスワードは、『IIJインターネットサービス登録完了のお知らせ』に記載されています。

IIJサービスオンラインの「HOME」ページが表示されます。

3.「設定と管理」>「サービスの設定と管理」>「DNSアウトソース」を選択します。

「DNSアウトソースサービス」ページが表示されます。

4.DNSサーバを登録するサービスコードを選択します。

 

選択したサービスコードの「サービストップ」ページが表示されます。

5.「DNSレコードの編集」を選択します。

「DNSレコードの編集」ページが表示されます。

6.「追加」ボタンをクリックします。

7.「NS」を選択し、サブドメイン名及びサブドメインのDNSサーバのホスト名を入力して、「確定」ボタンをクリックします。

操作の詳細については、「DNSレコードを編集する」をご覧ください。

8.「追加」ボタンをクリックします。

9.「A」を選択し、ホスト名及びIPアドレスを入力して、「確定」ボタンをクリックします。

操作の詳細については、「DNSレコードを編集する」をご覧ください。

10.レコードの追加または編集後、「反映内容確認ページへ」ボタンをクリックします。

11.反映内容を確認し、「DNSへ反映」ボタンをクリックします。

以上で、サブドメイン名の追加が完了しました。

  • 追加したサブドメイン名は、DNSサーバへの反映後、数分してから有効になります。