DNSアウトソースサービスのサブドメインを移行する際の注意点

 

以下の条件のサブドメインを移行する場合、移行のタイミングが通常と異なります。

  • 条件1 : 移行対象が、あるドメインのサブドメインとなっている。
  • 条件2 : これら2つのドメインが両方ともDNSアウトソースサービスで契約されている。

 

 

通常は、上位ゾーンでのネームサーバ変更(または登録)によって移行が完了しますが、上記条件のサブドメインを移行する際は移行元のDNSアウトソースサービスのサブドメイン解約時に移行が完了します。

 

【参考】

  • 上位ゾーンを先にIIJ DNSプラットフォームサービスに移行した場合、移行のタイミングは通常通りとなります。
  • 上位ゾーンでのネームサーバを変更するより前に、サブドメインのDNSアウトソースサービスを解約すると名前解決がおこなえない期間が発生します。
  • 同じドメインにサブドメインのDNSレコードを記載しておりゾーンを分割していない場合、移行のタイミングは通常通りとなります。