10:Windowsの更新プログラムとパッチ

更新プログラムの自動更新、及びMobilityクライアントのパッチステータスにもとづいて正常性チェックを行う機能です。

チェックの種類フォーマット値の例
自動更新が有効整数4
パッチがインストール済み文字列リストパッチ 1234
比較
  • 「チェックの種類」が「自動更新が有効」に設定されている場合は、「値」のボックスが表示され、ここで指定した値を絶対的または相対的に比較します。

    構成の自動更新
    0無効
    1オフ
    2ダウンロードとインストールで通知
    3自動ダウンロード、およびインストールで通知
    4自動ダウンロード、およびインストールのスケジュール 設定 
  • 「チェックの種類」が「パッチがインストール済み」に設定されている場合は、「比較」でパッチが存在すること、またはしないことを指定できます。
パッチ

「チェックの種類」が「パッチがインストール済み」に設定されている場合は「パッチ」のボックスが表示され、ボックスへの値の入力、またはプルダウンメニューからリリース済みのパッチを指定できます。リストにデータを取り込むために、Mobilityサーバは、Windows上で実行されているすべての接続済みMobilityクライアントから情報を収集します。

【参考】

数字とピリオドのみの文字列は、一連の数字として評価されます。例えば、10.2.1は9.0.2より大きいと判断されます。数字以外の文字を含む文字列は、最初の数字以外の文字の前までを数値として評価され、それ以降は文字列として評価されます。したがって、9.02A17は9.2A11よりも小さいと判断されます。