1:Windows端末にインストールし初期設定する

1.Mobilityクライアントのインストーラーをダウンロードするために、以下のWebページにアクセスします。

https://netmotion.wiki/wiki/?p=758

2.端末のOSバージョンに対応するダウンロードリンクをクリックし、Mobilityクライアントのインストーラーをダウンロードします。

3.ダウンロードしたインストーラーを管理者権限で実行します。

「NetMotion Mobility Clientセットアップ」画面が表示されます。

4.「次へ」をクリックします。

「使用許諾契約書」画面が表示されます。

5.使用許諾契約書の内容を確認し、「使用許諾契約書に同意します」をチェックし、「次へ」をクリックします。

「インストール先フォルダー」画面が表示されます。

6.インストール先は変更せず、「次へ」をクリックします。

「サーバーアドレス」画面が表示されます。

7.サーバー名の欄にMobilityサーバのDNSレコードを入力し、「次へ」をクリックします。DNSレコードについては、『デリバリ完了通知書』をご覧ください。

「NetMotion Mobility Clientのインストール準備完了」画面が表示されます。

8.「インストール」をクリックします。

次の画面が表示されます。

【注意】

「Windowsセキュリティ」画面が表示された場合は、“NetMotion Wireless, Inc.”からのソフトウェアを常に信頼する」をチェックし、「インストール」をクリックします。

9.「完了」をクリックします。

次の画面が表示されます。

10.「いいえ」をクリックします。

11.「スタート」メニューから「NetMotion」のフォルダを開き、「Mobilityクライアント」をクリックします。

「NetMotion Mobilityクライアント」画面が表示されます。

12.「構成」をクリックします。

「NetMotion Mobility Client」画面が表示されます。

13.「サーバー証明書」タブの「サーバー証明書の検証」のチェックを外し、「OK」をクリックします。

「Mobilityの設定変更」画面が表示されます。

14.「はい」をクリックし、システムを再起動します。

利用開始にはシステムの再起動が必要です。業務の都合などですぐに再起動できない場合は、「なし」をクリックし、後で手動で再起動してください。

【参考】

Windows Installer(MSI)を使用して、手順3以降を実施せずMobilityクライアントをサイレントにインストールすることもできます。
コマンド例は以下のとおりです。

msiexec /norestart /quiet /package "<MSIのフルパス>" NM_ADDRESS_VALUE=<MobilityサーバのDNSレコード> REBOOT=ReallySuppress

この例では、/norestartパラメータとREBOOT=ReallySuppressパラメータの両方を指定することで、サイレントインストール後のコンピュータの再起動を回避します。
ただし再起動を回避してインストールした場合も、Mobilityクライアント利用開始前には一度再起動する必要があります。なお、サイレントインストールの実行にはシステムの管理者権限が必要です。管理者としてログオンしていない場合は、実行するときに昇格コマンドプロンプトを使用してください。