標準提供機能

機能の概要は以下のとおりです。詳しくは、『IIJフレックスモビリティサービス サービス詳細資料』及び『IIJフレックスモビリティサービス 共通機能ガイド』をご覧ください。

機能概要
VPNトンネリング機能本サービスのVPNトンネリング機能です。接続元のデバイスと本サービスとの間にVPNトンネルを構成します
ユーザ認証機能

お客様AD管理上のユーザアカウントで認証する機能です。この機能は、VPNの認証をFXM ADを経由してお客様ADに要求します。そのため、お客様ADのDNSでFXM ADのドメインに対して条件付きフォワーダを設定し、FXM ADとお客様ADの間で双方向の信頼関係を作成することが必要です

Mobilityクライアントの提供Mobilityクライアントを提供します。Mobilityクライアントは、VPNトンネリング機能のデバイス側のクライアントソフトウェアです
デバイスIDを利用した認証機能Mobilityクライアントで生成した一意のデバイスID(PID)を利用して、デバイスを認証する機能です。複数のデバイスで同じホスト名を使用している場合でも、それぞれのデバイスを識別して認証できます
グループ管理機能

VPN接続を許可するユーザとデバイスをそれぞれまとめて管理できる機能です。Mobilityコンソールで管理します

ポリシー管理機能

VPN接続したデバイスの状態により、ネットワークトラフィックをコントロールする機能です。Mobilityコンソールで管理します。
初期設定では、Mobilityサーバに接続されたデバイスのトラフィックすべてをVPNトンネルに流すことが許可されます

NAC管理機能

Windows端末のMobilityクライアントから収集したセキュリティ関連情報を利用して、Mobilityサーバへのクライアントアクセスを制御する機能です。Mobilityコンソールで管理します。
macOS、Android及びiOS端末は、本機能のサポート対象外です

ソフトウェアの展開機能

Windows端末にインストールされたMobilityクライアントに、Mobilityコンソールから最新版を展開できる機能です。
macOS、Android及びiOS端末は、本機能のサポート対象外です

レポート機能

過去60日分のログを元に接続状況などのレポートを作成できる機能です。作成したレポートは、Mobilityコンソール上にグラフで表示されます。また、レポートのデータはCSV形式のテキストファイルとしてエクスポートすることができます

接続状況確認機能Mobilityコンソールにて、Mobilityクライアントの接続状況を確認できる機能です
(利用する場合のみ)プロキシ転送機能ポリシーベースルーティングによって、VPN接続をしている端末のHTTP通信を、お客様が指定したプロキシサーバに転送する機能です