EnableIPv6

API情報

API種別 Action 対象 名称 実行
設定 EnableIPv6 VM 仮想サーバIPv6有効化 非同期

リクエストパラメータ

パラメータ 必須 意味
GpServiceCode 対象仮想サーバを含むgpサービスコード
GcServiceCode 対象仮想サーバのgcサービスコード
IPv6Address 有効化するIPv6アドレス

レスポンス

フィールド タイプ 意味
EnableIPv6Response.GcServiceCode String 対象仮想サーバのgcサービスコード
EnableIPv6Response.IPv6Address String 有効になったIPv6アドレス
EnableIPv6Response.Current.Status String

対象仮想サーバの現在の状態 (仮想サーバの状態遷移)

EnableIPv6Response.Previous.Status String 対象仮想サーバのAPIリクエスト前の状態 (仮想サーバの状態遷移)
     

エラーコード

制限

サンプル

リクエスト

※実際には一行で現します
https://gp.api.iij.jp/json
    ?APIVersion=20130901
    &AccessKeyId=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
    &Action=EnableIPv6
    &Expire=2013-09-01T10%3A10%3A30Z
    &GcServiceCode=gc########
    &GpServiceCode=gp########
    &IPv6Address=2001%3A0db8%3A0000%3A0000%3A0000%3A0000%3A0000%3A0010
    &SignatureMethod=HmacSHA256
    &SignatureVersion=2
    &Signature=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

レスポンス (JSON)

Json
{
    "EnableIPv6Response": {
        "RequestId": "xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx",
        "GcServiceCode": "gc########",
        "IPv6Address": "2001:0db8:0000:0000:0000:0000:0000:0010",
        "Current": {
            "Status": "Configuring"
        },
        "Previous": {
            "Status": "Stopped"
        }
    }
}

レスポンス (XML)

XML
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<EnableIPv6Response>
  <RequestId>xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx</RequestId>
  <GcServiceCode>gc########</GcServiceCode>
  <IPv6Address>2001:0db8:0000:0000:0000:0000:0000:0010</IPv6Address>
  <Current>
    <Status>Configuring</Status>
  </Current>
  <Previous>
    <Status>Stopped</Status>
  </Previous>
</EnableIPv6Response>