AddCloneVirtualMachines

API情報

API種別 Action 対象 名称 実行
契約 AddCloneVirtualMachines VM 仮想サーバ追加申込(クローニング) 非同期

リクエストパラメータ

パラメータ 必須 意味
GpServiceCode 対象仮想サーバを含むgpサービスコード
SrcGcServiceCode クローニング元仮想サーバのgcサービスコード
VirtualMachineType 仮想サーバの品目 (仮想サーバの性能表記)
ContractNum

新しく作成する仮想サーバ数

値: 1~ (整数)

LLocationNum ※1 ロケーションLに作成する仮想サーバ数
RLocationNum ※1 ロケーションRに作成する仮想サーバ数
SrcGpServiceCode ※2 クローニング元仮想サーバを含むgpサービスコード

レスポンス

フィールド タイプ 意味
AddCloneVirtualMachinesRespons.GpServiceCode String 対象仮想サーバを含むgpサービスコード
AddCloneVirtualMachinesRespons.SrcGcServiceCode String クローニング元仮想サーバのgcサービスコード
AddCloneVirtualMachinesRespons.GcServiceCodeList Array 新規に作成された仮想サーバのgcサービスコードのリスト

エラーコード

制限

サンプル

リクエスト

※実際には一行で現します
https://gp.api.iij.jp/json
    ?APIVersion=20130901
    &AccessKeyId=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
    &Action=AddCloneVirtualMachines
    &ContractNum=2
    &Expire=2013-09-01T10%3A10%3A30Z
    &GpServiceCode=gp########
    &LLocationNum=1
    &RLocationNum=1
    &SignatureMethod=HmacSHA256
    &SignatureVersion=2
    &SrcGcServiceCode=gc########
    &VirtualMachineType=V10
    &Signature=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

レスポンス (JSON)

Json
{
    "AddCloneVirtualMachinesResponse": {
        "RequestId": "xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx",
        "GpServiceCode": "gp########",
        "SrcGcServiceCode": "gc########",
        "GcServiceCodeList": [
            "gc#######1",
            "gc#######2"
        ]
    }
}

レスポンス (XML)

XML
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<AddCloneVirtualMachinesResponse>
  <RequestId>xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx</RequestId>
  <GpServiceCode>gp########</GpServiceCode>
  <SrcGcServiceCode>gc########</SrcGcServiceCode>
  <GcServiceCodeList>
    <GcServiceCode>gc#######1</GcServiceCode>
    <GcServiceCode>gc#######2</GcServiceCode>
  </GcServiceCodeList>
</AddCloneVirtualMachinesResponse>