2.1.1 SSH公開鍵のインストール

対応パッケージ
ベーシック
Web
ロードバランシングWeb
モバイルWeb
LAMP Web
セキュアメール
Web&セキュアメール

仮想サーバへのログインは、SSHによるリモートログインを利用します。お客様にはsshクライアントをご準備いただき、ログインする仮想サーバを指定してアクセスしていただきます。

SSHリモートログインを利用するには、SSH公開鍵認証で利用するためのキーペア(公開鍵と秘密鍵)が必要です。キーペアは、WindowsでPuTTY Key Generatorを使用して作成します。インターネット上の公開サイトからPuTTY Key Generator(puttygen.exe)をダウンロードし、Windows上の任意のフォルダに保存してください。

以下に、キーペアの生成方法、及びSSH公開鍵を仮想サーバにインストールする方法を説明します。

注 意
  • SSH公開鍵をインストールしても、既に登録済みのSSH公開鍵は削除されません。
  • 1.puttygenを起動します。
    puttygenの起動

    「PuTTY Key Generator」画面が表示されます。

    2.生成するキーのタイプを「Parameters」で選択し、「Generate」ボタンをクリックします。
    キータイプの選択と生成

    キーの生成が始まります。

    3.緑色のバーが右端に到達するまで、マウスカーソルを動かし続けます。
    キーの生成
    補 足

    キーペアの作成に必要な乱数値を生成するために、マウスを動かし続ける必要があります。

    キーの生成が完了すると、生成されたキーが「Public key for pasting in to OpenSSH authorized_keys file」に表示されます。

    4.「Key passphrase」と「Confirm passphrase」にパスワードを入力します。
    パスワードの入力
    5.「Save public key」ボタンをクリックして公開鍵を保存します。
    公開鍵の保存
    6.「Save private key」ボタンをクリックして秘密鍵を保存します。
    秘密鍵の保存
    7.「Public key for pasting in to OpenSSH authorized_keys file」に表示されているOpenSSH形式の公開鍵の文字列をすべて選択し、コピーします。
    注 意

    最後の文字まで必ずコピーしてください。

    キーのコピー
    8.「設定・構築」メニューをマウスカーソルでポイントして表示されるローカルナビゲーションで、「仮想サーバ初期設定」をクリックします。
    仮想サーバ初期設定

    「仮想サーバ初期設定」ページが表示されます。

    仮想サーバ初期設定画面
    補 足

    「CSVダウンロード」ボタンをクリックすると、一覧表示の内容をCSVファイルでダウンロードできます。CSVダウンロードの操作方法については、「1.5 サーバとオプションの一覧をダウンロードする」をご覧ください。

    9.SSH公開鍵をインストールする仮想サーバのチェックボックスにチェックを入れ、「SSH公開鍵のインストール」ボタンをクリックします。
    仮想サーバの選択

    公開鍵を設定するページが表示されます。

    10.コピーしたSSH公開鍵をテキストフィールドにペーストし、「インストール」ボタンをクリックします。
    SSH公開鍵のインストール

    「処理の受付状況」画面が表示されます。

    11.「OK」ボタンをクリックします。
    処理の受付状況

    SSH公開鍵がインストールされます。

    起動中の仮想サーバにSSH公開鍵をインストールした場合、仮想サーバが再起動します。

    初期化済み(要SSH公開鍵登録)の仮想サーバにSSH公開鍵をインストールした場合、仮想サーバが停止中になります。