4.2.1 SNAT設定を追加する

対応パッケージ
ロードバランシングWeb
LAMP Web
他のプランにも追加可能
1.「設定・構築」メニューをマウスカーソルでポイントして表示されるローカルナビゲーションで、「SNATの設定」をクリックします。
SNATの設定

SNATを設定するページが表示されます。

2.「SNAT設定の追加」ボタンをクリックします。
SNAT設定の追加ボタン
補 足

「CSVダウンロード」ボタンをクリックすると、一覧表示の内容をCSVファイルでダウンロードできます。CSVダウンロードの操作方法については、「1.5 サーバとオプションの一覧をダウンロードする」をご覧ください。

「SNATの設定」画面が表示されます。

3.「変換元サービスコード / 変換元IPアドレス」ドロップダウンリストから、変換元の仮想サーバのサービスコード / IPアドレスを選択します。
変換元仮想サーバ選択
4.「変換先サービスコード / 変換先IPアドレス」ドロップダウンリストから、変換先のFW+LBオプションのサービスコード / IPアドレスを選択します。
変換先FW+LB選択
5.「SNAT設定を追加する」ボタンをクリックします。
OKボタン

「処理の受付状況」画面が表示されます。

6.「OK」ボタンをクリックします。
処理の受付状況

SNAT設定が追加されます。