2.3 コンソールの制限と注意事項

対応パッケージ
ベーシック
Web
ロードバランシングWeb
モバイルWeb
LAMP Web
セキュアメール
Web&セキュアメール

コンソールを使用する上での制限と注意事項を、以下に示します。

同時接続数

1台の仮想サーバに接続できるコンソールは1接続のみです。接続時に、既にコンソール接続があった場合、接続中のコンソールが切断され、後から接続したコンソールが有効になります。

起動直後の接続

起動直後の仮想サーバは、コンソールに接続できない場合があります。しばらく待ってから、改めて接続してください。

運用による切断

運用による仮想サーバのマイグレーションなどにより、コンソールが切断される場合があります。その場合、改めてコンソールに接続することで、引き続き利用できます。

無通信によるタイムアウト切断

入力が全くない状態で1時間経過した場合、コンソールから切断されます。

長時間利用によるタイムアウト切断

入力の有無に関わらず、2時間が経過すると、コンソールから切断されます。

注意事項

仮想サーバのコンソールに、以下のイベントが出力する場合があります。

イベント 説明 対象OS

Initializing CPU #0

Initializing CPU #1

多くの場合、ライブマイグレーション(表下の補足参照)実施時にシステムが出力するイベントです。コンソール接続中にメンテナンス作業(ライブマイグレーション)などが実施されると、ご申告事象となります。

本イベントが出力した場合は、仮想サーバに接続して異常がないことを確認してください。

CentOS 5

CentOS 6

CentOS 7

rtc_cmos: probe of rtc_cmos failed with error -16

OS起動時の時刻同期に関連するエラーです。CentOS 6系とCentOS 7系は、お客様側で仮想サーバの時刻同期を設定していただく仕様となります。

本イベントは、無視して問題ありません。

CentOS 6

CentOS 7

補 足

ライブマイグレーションとは、仮想サーバで動作するOSやソフトウェアを停止することなく、搭載する物理サーバを変更する機能です。IIJ GIOホスティングパッケージサービスでは、セキュリティ維持などのために、数秒程度の瞬断を伴うライブマイグレーション機能を使用したメンテナンス作業を予告なく実施することがあります。

補 足

CentOS 5系は、2017年3月30日に新規契約の受注を終了いたしました。