1.4.2 FTPでWebコンテンツをアップロードする

対応パッケージ
Web
ロードバランシングWeb
モバイルWeb
LAMP Web
Web&セキュアメール

FTPでのアップロードは、「1.4.1 FTPアカウントを作成する(webmasterアカウントの設定)」で作成したwebmasterアカウントにて行います。

FTP設定項目 利用・設定値
アップロード先FTPサーバ (仮想サーバのIPアドレス)
FTPアカウント webmaster
FTPパスワード

(要設定)

1.4.1 FTPアカウントを作成する(webmasterアカウントの設定)」をご覧ください。

注 意

webmaster以外のアカウントを利用した場合、Webコンテンツ領域への書き込み権限が異なるため、アップロードの失敗、またはアップロード後のWeb画面の動作不具合が起きることがあります。

公開ページのURLとWebコンテンツアップロード先の対応

WebコンテンツはwebmasterアカウントでFTPサーバにログインし、通常は/html/フォルダの下に保存すると公開されます。ただし、CGIは保存先フォルダが異なり、/cgi-bin/フォルダの下に保存します。


公開ページのURLとWebコンテンツアップロード先の対応は以下のとおりです。

公開ページのURL Webコンテンツアップロード先
http://<仮想サーバIPアドレス>/index.html /html/index.html
http://<仮想サーバIPアドレス>/test/index.html /html/test/index.html
http://<仮想サーバIPアドレス>/cgi-bin/test.cgi /cgi-bin/test.cgi