7.2 追加VLANの無効化及びアドレスの解除

対応パッケージ
すべてのプランに追加可能

追加VLANに接続しているすべての仮想サーバで、eth2インタフェースの接続設定の解除と、追加VLANへの接続設定の解除を行います。

eth2インタフェースの接続設定を解除する

1.SSHクライアントを使用して仮想サーバにログインします。
2.設定アドレスを解除します。

# ifconfig eth2 down

# rm /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth2

rm: remove regular file `/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth2'? y

# service network reload

Shutting down interface eth0: [ OK ]

Shutting down interface eth1: [ OK ]

Shutting down loopback interface: [ OK ]

Bringing up loopback interface: [ OK ]

Bringing up interface eth0: [ OK ]

Bringing up interface eth1: [ OK ]

# ifconfig eth2 down

# rm /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth2

rm: remove regular file `/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth2'? y

# systemctl restart network

補 足

CentOS 5系は、2017年3月30日に新規契約の受注を終了いたしました。

追加VLANへの接続を解除する

1.「設定・構築」をクリックします。
2.VLANへの接続を解除する仮想サーバのサービスコードをクリックします。

「仮想サーバの詳細設定」画面が表示されます。

3.「VLAN接続の解除」をクリックします。
4.「仮想サーバを停止してVLAN接続を解除する」ボタンをクリックします。
注 意
  • 現在のステータスが「稼働中」の場合は、仮想サーバを再起動します。
  • 再起動した場合、仮想サーバのデータを損失する可能性があります。
  • 再起動の前後で、仮想サーバの動作が異なる場合があります。
  • 5.表示されたメッセージで「OK」ボタンをクリックします。

    VLANオプションを解約する

    IIJサービスオンラインからVLANオプションの解約を申し込みます。

    重 要

    VLANオプションの解約時に、VLANに接続されている仮想サーバがある場合は、お客様の仮想サーバを弊社にて停止した上で解約作業を実施します。

    VLANオプションを解約する場合は、あらかじめ解約日までにすべての仮想サーバで、追加VLANへの接続を解除してください。