8.2 データベース(MySQL)を冗長化稼働する(構成確認)

対応パッケージ
LAMP Web

本サービスは「LAMP Webプラン」でMySQLを提供しています。「LAMP Webプラン」のMySQLは、初期状態で冗長化構成になっています。

補 足

LAMP Webプランは、2017年3月30日に新規契約の受注を終了いたしました。


冗長化動作を確認する場合は、(1)マスターDB側にテストデータを書き込み、(2)スレーブDB側でテストデータを読み出します。

補 足

仮想サーバで稼働しているDBの種類を確認するには、「仮想サーバの詳細設定」画面で「ホストタイプ」の表示を確認します。

マスターDB側でテストデータを作成する

1.SSHクライアントを使用して、マスターDBが稼働している仮想サーバにログインします。
2.テストデータを作成します。

# mysql -uroot -phogehoge test (設定したパスワードでアクセス)

(省略)

mysql> SHOW TABLES;

Empty set (0.00 sec)


mysql> CREATE TABLE test_table (test_data text);

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)


mysql> SHOW TABLES;

+----------------+

| Tables_in_test |

+----------------+

| test_table |

+----------------+

1 row in set (0.00 sec)


mysql> INSERT INTO test_table VALUES ('this is a test');

Query OK, 1 row affected (0.00 sec)


mysql> SELECT * FROM test_table;

+----------------+

| test_data |

+----------------+

| this is a test |

+----------------+

1 row in set (0.00 sec)


mysql> \q

Bye

#

スレーブDB側でテストデータを読み出す

1.SSHクライアントを使用して、スレーブDBが稼働している仮想サーバにログインします。
2.マスターDB側で書き込んだテストデータを読み出します。

# mysql -uroot -phogehoge test (設定したパスワードでアクセス)

(省略)

mysql> SHOW TABLES;

+----------------+

| Tables_in_test |

+----------------+

| test_table |

+----------------+

1 row in set (0.00 sec)


mysql> SELECT * FROM test_table;

+----------------+

| test_data |

+----------------+

| this is a test |

+----------------+

1 row in set (0.00 sec)


mysql> \q

Bye

#

「this is a test」と表示されれば、スレーブDB側で読み出せています。