2.4 カーネルのアップデートをしたい

本ページの内容に関するサポートは行っておりません。

具体的な設定方法や設定内容の有効性、用語などに関するご質問にはお答えしておりません。

あらかじめご了承ください。

CentOS 5系の場合

CentOS 5系の仮想サーバの初期設定ではカーネルアップデートができない状態で提供されます。設定を変更して、カーネルをアップデート対象にすることができます。

1.SSHクライアントを使用して仮想サーバにログインします。
2.設定ファイル(/etc/yum.conf)の以下の設定を編集します。

編集前:

exclude=kernel-xen

編集後:

#exclude=kernel-xen

補 足

CentOS 5系は、2017年3月30日に新規契約の受注を終了いたしました。

CentOS 6系の場合

特記事項はありません。

CentOS 7系の場合

CentOS 7系の仮想サーバでは、カーネルアップデート後に「/boot/grub/grub.conf」の更新が必要となります。