6.2 追加ディスクオプションを解約したら仮想サーバが立ち上がらなくなった

対応パッケージ
すべてのプランに追加可能

本ページの内容に関するサポートは行っておりません。

具体的な設定方法や設定内容の有効性、用語などに関するご質問にはお答えしておりません。

あらかじめご了承ください。

ここでは、追加ディスクオプションの解約後に仮想サーバが起動できなくなり、コントロールパネルから仮想サーバのコンソールへ接続したときに、以下のように表示された場合の対処方法を説明します。


Give root password for maintenance

(or type Control-D to continue):


以下の操作で設定ファイル(/etc/fstab)に、解約したデバイス名が設定されていないかを確認してください。

解約したデバイス名が設定されている場合は、該当の設定を削除してから仮想サーバを再起動します。

注 意

以下の説明で指定するマウント対象のフォルダ(例:/mnt)やデバイス(例:/dev/sdb)は標準的な例です。お客様の環境により異なります。

1.コンソールを使用して仮想サーバにログインします。

コンソールを使用した仮想サーバへのログインについて詳しくは、「D:システム運用」「2.1 コンソールによる仮想サーバへのログイン方法」をご覧ください。

2.書き込みモードで再マウントします。

(Repair filesystem) # mount -o rw,remount / ("/"を書き込みモードで再マウントする)

3.設定ファイル(/etc/fstab)から自動マウント設定を削除します。

(Repair filesystem) # vi /etc/fstab

/dev/sdb /mnt ext3 defaults 0 2 (エディタで、解約した追加ディスクが設定された行を削除する)

4.仮想サーバを再起動します。

(Repair filesystem) # exit

注 意

/varフォルダにマウントされた状態で追加ディスクオプションを解約する場合は、仮想サーバを正常に起動することができません。オプション解約後にコントロールパネルから仮想サーバのOSを再インストールしてください。