フェデレーション設定で「ドメインの連携(解除)に失敗しました」と表示して操作が失敗する

フェデレーション設定で「ドメインの連携(解除)に失敗しました」と表示され、操作が失敗する場合の対処方法は、以下のとおりです。

現象

IIJ IDコンソールにてOffice 365アプリケーションのフェデレーション設定を行った際に、「ドメインの連携に失敗しました」もしくは「ドメインの連携解除に失敗しました」と表示され、失敗する。

原因

Office 365のプロビジョニング設定を有効にしている場合、プロビジョニングの処理によりフェデレーション設定の変更に失敗する場合があります。

対応

プロビジョニング設定を一時的にオフにするか、少し待ってから再度お試しください。

関連ページ

Azure AD(Office 365)とフェデレーションする(IIJ IDサービス オンラインマニュアル[管理者用])