WANユニットのコマンド実行

  1. サービスの情報を一覧する」に従い、対象のサービスアダプタを含んだ管理対象ネットワークをクリックし、ホーム画面を表示します。

  2. 「拠点一覧」画面を表示します。

    拠点に紐付いたサービスアダプタ一覧が表示されます。

  3. 状態を確認したいサービスアダプタの「操作▼」をクリックし、「稼働状況」をクリックします。

    「サービスアダプタ詳細」画面が表示されます。

  4. 「コマンド実行」をクリックします。

    コマンド実行画面が表示されます。

  5. コマンド項目から実行したいコマンドを選択し、必要な項目を設定して、「START」をクリックします。

    コマンドの実行結果が表示されます。

    コマンドパラメータ任意/必須説明
    ルーティングテーブルを表示--経路情報を表示します
    宛先機種がBPV4の場合は必須機種がBPV4の場合に表示されます。宛先の指定方法を選択します
    宛先IPアドレス宛先にアドレス指定を選択した場合は必須宛先にアドレス指定を選択した場合に表示されます。IPv4アドレス/CIDR形式で入力します
    Interfaceを表示--インタフェースのステータスを表示します
    ARPテーブルを表示--ARPテーブルを表示します
    NATテーブルを表示--NATテーブルを表示します
    ACLカウンターを確認--フィルタルールにマッチしたパケットの回数を表示します
    DHCP Poolを確認--DHCPサーバのアドレス配布状況を表示します
    VRRPの状態表示--VRRPの動作状況を表示します
    DNS Forwardの確認--DNS中継の動作状況を表示します
    ping--宛先IPアドレスへのネットワーク経路を表示します
    宛先IPアドレス指定方法必須宛先のIPアドレス形式、IPv4、またはIPv6を選択します
    宛先IPアドレス必須宛先IPアドレス指定方法で指定した形式のIPアドレスを入力します
    実行回数必須コマンドを実行する回数を選択します
    traceroute--宛先IPアドレスへのネットワーク経路を表示します
    宛先IPアドレス指定方法必須宛先のIPアドレス形式、IPv4、またはIPv6を選択します
    宛先IPアドレス必須宛先IPアドレス指定方法で指定した形式のIPアドレスを入力します
    実行回数必須コマンドを実行する回数を選択します
    ARPテーブルのクリア--ARPテーブルをクリアにします
コマンドの実行結果の説明

コマンドの実行結果の説明は以下をご覧ください。

BPV4の場合
「SEILテクニカルマニュアル(https://www.seil.jp/doc/index.html)」からご確認ください。

SA-W2の場合

  1. トップページの「サービスマニュアル」をクリックします。


  2. 「マニュアル・ダウンロード」画面で、「IIJ Omnibus」をクリックします。


  3. 「IIJ Omnibusマニュアル一覧」画面の「WANユニット オペレーションリファレンス」をクリックします。
    「サービスアダプタ オペレーションリファレンス」画面が表示されます。


  4. 実行するコマンドに応じて出力例、及び出力項目の説明をご欄ください。