3.1.1 ベースセット/VW

ベースセット/VWは、お申し込み時に設定が必要です。その設定方法を説明します。

補 足

「品目追加・設定」画面の「品目・オプション申込一覧」を表示する方法の詳細は、以下のリンク先をご参照ください。

3.1 ご契約 > 「品目・オプション・機能追加」画面から申し込む方法

3.1 ご契約 > 「申込一覧」画面から申し込む方法

1.「品目追加・設定」画面の「品目・オプション申込一覧」で、ベースセット/VWの「設定」ボタンをクリックします。
設定ボタン

「VMware vSphereのバージョン設定」が表示されます。

2.ベースセット/VWに関する項目を設定し、「設定反映」ボタンをクリックします。
設定反映ボタン

ベースセット/VWに関する設定項目は、以下のとおりです。

項目 内容
バージョンを選択 VMware vSphereのバージョンを選択します。
アドレス候補 管理ネットワークで利用するネットワークアドレスを選択します。
プールを選択 プールを選択します。
アドレス候補 IPストレージネットワーク、vMotionネットワーク、及びFTネットワークで利用するネットワークアドレスを、プールごとに選択します。
監視通知先アドレス 統合管理サーバ、運用管理サーバ、及びVMware vSphere ESXiサーバに対するPing監視でのアラート発生時、及び復旧時に通知が行われる宛先メールアドレスを入力します。
仮想ダイアルアップ機能の利用有無 リモートアクセス仮想ダイアルアップ機能の利用有無を選択します。
ファイアウォール機能の利用有無 リモートアクセスファイアウォール機能の利用有無を選択します。
ネットワークアドレスまたはIPアドレス リモートアクセスファイアウォール機能を利用する場合は、接続元グローバルアドレスを入力します。
契約の種類を選択
  • IIJプライベートバックボーンサービス、及びIIJ GIOインフラストラクチャーP2が同一のサービスグループの場合は、「同一契約」を選択し、「サービスコードを選択」からIIJプライベートバックボーンサービスのサービスコードを選択します。
  • IIJプライベートバックボーンサービス、及びIIJ GIOインフラストラクチャーP2が異なるサービスグループの場合は、「別契約」を選択し、「サービスコードを入力」にIIJプライベートバックボーンサービスのサービスコードを入力します。
サービスコードを選択※1 サービスコードを選択します。
サービスコードを入力※2 サービスコードを入力します。
ルーティング情報

IIJプライベートバックボーンサービスに直接的に接続されるネットワークセグメントを通じて、IIJプライベートバックボーンサービスに間接的に接続されるネットワークセグメントのうち、IIJプライベートバックボーンサービスがルーティングする必要があるネットワークセグメントを設定します。

ルーティング設定を編集、削除、または追加する場合は、それぞれ「編集」ボタン、「削除」ボタン、または「ルーティング情報追加」ボタンをクリックします。

  • ネットワークアドレス:ネットワークアドレスを入力します。
  • ネットマスク:ネットワークアドレスのサブネットマスクを入力します。
  • ゲートウェイアドレス:ゲートウェイアドレスを入力します。

※1 「契約の種類を選択」で「同一契約」を選択した場合に設定します。

※2 「契約の種類を選択」で「別契約」を選択した場合に設定します。

「品目・オプション申込一覧」に戻ります。

3.「3.1 ご契約 > 「品目・オプション・機能追加」画面から申し込む方法」の手順10.、または「3.1 ご契約 > 「申込一覧」画面から申し込む方法」の手順11.に進みます。