1.はじめに

IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソース 物理サーバのCentOS、またはRed Hat Enterprise Linuxのご利用方法を説明します。

関連ドキュメント

IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソースをご利用になるにあたり、以下のドキュメントも併せてご覧ください。

コマンド入力指示の見方

本オンラインマニュアルに登場するコマンド入力指示の見方は、以下のとおりです。

$ ifconfig eth0 ─ ※1
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr ##:##:##:##:##:## ─ ※2
          inet addr:XXX.XXX.XXX.XXX  Bcast:XXX.XXX.XXX.XXX Mask:XXX.XXX.XXX.XXX
          inet6 addr: XXXX::XXXX:XXXX:XXXX:XXXX/XX Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:6680 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:6689 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:542438 (529.7 KiB)  TX bytes:490236 (478.7 KiB)
          Memory:c7400000-c74fffff

※1 斜体の太字テキスト:お客様が入力するコマンド、または文字列を示します。

※2 細めの文字部分:コマンド入力に対する回答など、OSが表示する文字列を示します。