2.3 ユーザアカウントへのsudo実行権限の付与

ユーザアカウント(一般ユーザ)にsudo実行権限を付与する方法を説明します。

注 意

「sudo」コマンドを実行してから5分間は、再度、「sudo」コマンドを実行してもパスワードを入力する必要がありません。コンピュータから離れる前にログアウトするなど、セキュリティには細心の注意を払ってください。

補 足

お引き渡し時点では、お申し込み時に指定していただいたユーザアカウント(一般ユーザ)にsudo実行権限を付与しています。

1.sudo実行権限を付与するユーザを追加します。

ファイルの記述書式は、「<ユーザ名> <ホストオプション>=(<権限オプション>) <コマンドオプション>」です。<ホストオプション>、<権限オプション>、及び<コマンドオプション>は、任意の値を設定します。

今回の例では、<ユーザ名>を「iijuser」、<ホストオプション>を「ALL」、<権限オプション>を「ALL」、及び<コマンドオプション>を「ALL」とします。

$ sudo visudo
(省略)
iijuser ALL=(ALL) ALL