5.2 ioMemoryの設定

ご契約いただいた追加ローカルストレージオプション ioMemoryで提供されているioMemoryに1つのパーティションを作成し、マウントする方法を説明します。

注 意

この作業を実施する際は、root権限を取得する必要があります。

1.デバイスノード名を確認します。

# fio-status -L
fct0 ─ <デバイスノード名>です。

2.ブロックデバイスを確認します。

記述書式は、「fio-status /dev/<デバイスノード名> -Fvsu.device_name」です。

<デバイスノード名>は、手順1.で確認したデバイスノード名です。

# fio-status /dev/fct0 -Fvsu.device_name
fioa ─ <ブロックデバイス>です。

3.デタッチします。

記述書式は、「fio-detach /dev/<デバイスノード名>」です。

# fio-detach /dev/fct0
Detaching: [====================] (100%) |
fioa - detached. ─ デタッチされると、このように表示されます。

4.デバイスをLow-levelフォーマットします。

記述書式は、「fio-format /dev/<デバイスノード名>」です。

# fio-format /dev/fct0
(省略)
WARNING: Formatting will destroy any existing data on the device!
Do you wish to continue [y/n]? y
WARNING: Do not interrupt the formatting! If interrupted, the fio-sure-erase utility may help recover from format errors. Please see documentation or contact support.
Formatting: [====================] (100%) /
/dev/fct0 - format successful. ─ フォーマットに成功すると、このように表示されます。

5.アタッチします。

記述書式は、「fio-attach /dev/<デバイスノード名>」です。

# fio-attach /dev/fct0
Attaching: [====================] (100%) \
fioa - attached. ─ アタッチされると、このように表示されます。「fioa」は、ブロックデバイスです。

6.新しくパーティションを作成します。

記述書式は、「fdisk /dev/<ブロックデバイス>」、または「parted /dev/<ブロックデバイス>」です。

<ブロックデバイス>は、手順2.で確認したブロックデバイスです。

今回の例では、ご契約いただいたオプションを追加ローカルストレージオプション ioMemory PX600 1.3TB/PSとします。

# fdisk /dev/fioa
(省略)

WARNING: DOS-compatible mode is deprecated. It's strongly recommended to
         switch off the mode (command 'c') and change display units to
         sectors (command 'u').
Command (m for help): n
Command action
   e   extended
   p   primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 1
First cylinder (1-39512, default 1): ─ Enterキーを押します。
Using default value 1
Last cylinder, +cylinders or +size{K,M,G} (1-39512, default 39512): ─ Enterキーを押します。
Using default value 39512
Command (m for help): p
Disk /dev/fioa: 2600.0 GB, 2600000000000 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 39512 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 4096 = 65802240 bytes
Sector size (logical/physical): 4096 bytes / 4096 bytes
I/O size (minimum/optimal): 4096 bytes / 32768 bytes
Disk identifier: 0xa09b21ea
    Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/fioa1               1       39512  2539040868   83  Linux
   └─ 「/dev/fioa1」が<デバイス>です。
Command (m for help): w
The partition table has been altered! ─ パーティションが作成されると、このように表示されます。
Calling ioctl() to re-read partition table.
Syncing disks. Command (m for help): q

補 足

ご契約いただいたオプションによって、使用するコマンドが異なります。使用するコマンドの記述書式は以下のとおりです。

オプション 記述書式

追加ローカルストレージオプション

ioMemory PX600 5.2TB/PS

parted /dev/<ブロックデバイス>

追加ローカルストレージオプション

ioMemory PX600 2.6TB/PS

parted /dev/<ブロックデバイス>

追加ローカルストレージオプション

ioMemory PX600 1.3TB/PS

fdisk /dev/<ブロックデバイス>
7.パーティションを更新します。

記述書式は、「partprobe /dev/<ブロックデバイス>」です。

# partprobe /dev/fioa

8.ファイルシステムをフォーマットします。

記述書式は、「mkfs -t <ファイルシステム> <デバイス>」です。

<デバイス>は、手順6.で確認したデバイスです。

今回の例では、以降、<ファイルシステム>を「ext4」とします。

# mkfs -t ext4 /dev/fioa1
mke2fs 1.41.12 (17-May-2010)
Discarding device blocks: done
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
Stride=1 blocks, Stripe width=8 blocks
158695424 inodes, 634760217 blocks
31738010 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=4294967296
19372 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
        4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968,
        102400000, 214990848, 512000000, 550731776
Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done
This filesystem will be automatically checked every 29 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.

9.マウントポイントのディレクトリを作成します。

記述書式は、「mkdir <マウントポイント>」です。

今回の例では、以降、<マウントポイント>を「/mnt/iomemory」とします。

# mkdir /mnt/iomemory

10.デバイスのUUIDを確認します。

記述書式は、「lsblk -f /dev/<ブロックデバイス>」です。

# lsblk -f /dev/fioa
NAME    FSTYPE LABEL UUID                                 MOUNTPOINT
fioa
└─fioa1 ext4         ########-####-####-####-############ ─ 「########-…」が、デバイス「fioa1」の<UUID>です。

11.次回以降の物理サーバの起動時にデバイスを自動的にマウントにするために、マウントの設定を追加します。

ファイルの記述書式は、「UUID=<ブロックデバイス、UUID、またはラベル> <マウントポイント> <ファイルシステム> <マウントオプション> <dumpオプション> <fsckオプション>」です。<マウントオプション>、<dumpオプション>、及び<fsckオプション>は、任意の値を設定します。

<UUID>は、手順10.で確認したUUIDです。

今回の例では、<マウントオプション>を「defaults」、<dumpオプション>を「0」、及び<fsckオプション>を「2」とします。

# vi /etc/fstab
UUID=########-####-####-####-############ /mnt/iomemory ext4 defaults 0 2

12.マウントします。

# mount -a

13.デバイスにマウントポイントが表示されていることを確認します。

記述書式は、「lsblk -f /dev/<ブロックデバイス>」です。

# lsblk -f /dev/fioa
NAME    FSTYPE LABEL UUID                                 MOUNTPOINT
fioa
└─fioa1 ext4         ########-####-####-####-############ /mnt/iomemory ─ 「/mnt/iomemory」が、デバイス「fioa1」の<マウントポイント>です。