8.2.3 ドライバ、及びユーティリティの更新

弊社における保守作業によってioMemoryの交換を行った結果、ioMemoryのファームウェアが交換前より新しいバージョンになる場合があります。その場合に、OSにインストールされているioMemoryのドライバ、及びユーティリティを更新する方法を説明します。

注 意

本手順は、IIJサポートセンターから案内があった場合に、実施してください。

補 足

本手順の実施に必要となる以下の情報は、IIJサポートセンターからお伝えします。

  • 新しいioMemoryのファームウェアのバージョン
  • ドライバのダウンロードサイトのURL

ドライバのダウンロード

ioMemoryのドライバをダウンロードします。

1.IIJサポートセンターからお伝えするURLより、ドライバをダウンロードします。
2.ダウンロードファイルを、物理サーバの任意のディレクトリに配置します。

この任意のディレクトリを<任意のディレクトリ1>と表記します。


ログイン

保守作業の対象となる物理サーバにログインします。

補 足

ログイン方法の詳細は、「2.1.1 ログイン」をご参照ください。

ドライバ、及びユーティリティの更新

ioMemoryのドライバ、及びユーティリティを更新する方法を説明します。

1.ioMemoryのファームウェアバージョンを確認します。

# fio-firmware -fn
8.9.5

IIJサポートセンターからお伝えした、新しいioMemoryのファームウェアバージョンと一致していることを確認します。

2.古いioMemoryのドライバをアンロードします。

# modprobe -r iomemory-vsl4

3.ドライバのアンロードを確認します。

何も出力されないことを確認します。

# lsmod | grep -i iomemory
#

4.古いioMemoryのドライバ、及びユーティリティのRPMパッケージをアンインストールします。

# rpm -e fio-sysvinit
# rpm -e fio-util
warning: /etc/modprobe.d/iomemory-vsl4.conf saved as /etc/modprobe.d/iomemory-vsl4.conf.rpmsave
# rpm -e fio-common
# rpm -e fio-preinstall
# rpm -e primergy-libvsl
# rpm -e kmod-iomemory-vsl4
# rpm -e primergy-iomemory-vsl4
# rpm -e primergy-dup

5.パッケージのアンインストールを確認します。

何も出力されないことを確認します。

# rpm -qa | grep -i -e iomemory -e fio- -e primergy-
#

6.ダウンロードファイルを展開します。

<任意のディレクトリ1>に配置した圧縮形式のダウンロードファイルを展開します。

記述書式は、「cd <任意のディレクトリ1>」、及び「tar xzvf <ダウンロードファイル>」です。

<任意のディレクトリ1>、及び<ダウンロードファイル>は、「ドライバのダウンロード」で使用したディレクトリ、及びファイルです。

今回の例では、以降、<任意のディレクトリ1>を「/newdriver」、<ダウンロードファイル>を「F1023913.tar.gz」とします。

# cd /newdriver
# tar xzvf F1023913.tar.gz

7.ドライバisoのファイル名を確認します。

記述書式は、「cd <任意のディレクトリ1>/drivers/RHEL67」です。

# cd /newdriver/drivers/RHEL67
# ls
LicenseReadme.txt  iomemory-vsl4-4.2.5.1266.4fts-3-001.x86_64.iso

8.ドライバisoを、物理サーバの任意のディレクトリにマウントします。

この任意のディレクトリを<任意のディレクトリ2>と表記します。

記述書式は、「mount –o loop iomemory-vsl4-4.2.5.1266.4fts-3-001.x86_64.iso <任意のディレクトリ2>」です。

今回の例では、以降、<任意のディレクトリ2>を「/mnt」とします。

# mount –o loop iomemory-vsl4-4.2.5.1266.4fts-3-001.x86_64.iso /mnt

補 足

isoファイル名(拡張子が「.iso」)は、ドライバのバージョンにより異なります。

9.ドライバのパッケージをインストールします。

記述書式は、「cd <任意のディレクトリ2>/rpms/x86_64」です。

# cd /mnt/rpms/x86_64
# rpm –ivh primergy-dup-6.7-1.noarch.rpm
# rpm –ivh primergy-iomemory-vsl4-4.2.5.1266.4fts-3.x86_64.rpm
# rpm –ivh kmod-iomemory-vsl4-4.2.5.1266.4fts-3.x86_64.rpm
# rpm –ivh primergy-libvsl-4.2.5.1266.4fts-1.el6.x86_64.rpm

補 足

RPMパッケージのバージョンは、ドライバのバージョンにより異なります。

10.ドライバisoをアンマウントします。

記述書式は、「cd <任意のディレクトリ1>」、及び「umount <任意のディレクトリ2>」です。

# cd /newdriver
# umount /mnt

11.手順6.で展開された「drivers/<CentOS/Red Hat Enterprise Linuxのバージョン>」ディレクトリ内に含まれるユーティリティのパッケージをインストールします。

# cd utilities/REHL6
# rpm –ivh fio-preinstall-4.2.5.1266-1.0.el6.x86_64.rpm
# rpm –ivh fio-common-4.2.5.1266-1.0.el6.x86_64.rpm
# rpm –ivh fio-util-4.2.5.1266-1.0.el6.x86_64.rpm
# rpm –ivh fio-sysvinit-4.2.5.1266-1.0.el6.x86_64.rpm

補 足

RPMパッケージのバージョンは、ドライバのバージョンにより異なります。

12.インストールしたドライバをロードします。

# modprobe iomemory-vsl4

13.ドライバのロードを確認します。

「iomemory_vsl4」が表示されることを確認します。

# lsmod | grep -i iomemory
iomemory_vsl4        1212435  0


完了連絡

ドライバ、及びユーティリティの更新が完了したことを、IIJサポートセンターにご連絡ください。