8.5.1 CentOS/Red Hat Enterprise Linux 6の場合

弊社が提供するNTPサーバを設定する方法を説明します。

補 足

弊社が提供するNTPサーバをご利用になる場合は、所定の条件を満たす必要があります。

所定の条件は、『IIJ GIOインフラストラクチャーP2 サービス詳細資料[共通編]』をご覧ください。

1.弊社が提供するNTPサーバとping疎通ができることを確認します。

記述書式は、「ping –c3 <NTPサーバのホスト名>」です。

今回の例では、<NTPサーバのホスト名>を「####」とします。

$ ping -c3 ####
PING #### (XXX.XXX.XXX.XXX) 56(84) bytes of data.
64 bytes from #### (XXX.XXX.XXX.XXX): icmp_seq=1 ttl=58 time=0.822 ms
64 bytes from #### (XXX.XXX.XXX.XXX): icmp_seq=2 ttl=58 time=0.805 ms
64 bytes from #### (XXX.XXX.XXX.XXX): icmp_seq=3 ttl=58 time=0.799 ms

--- #### ping statistics ---
3 packets transmitted, 3 received, 0% packet loss, time 2003ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.799/0.808/0.822/0.034 ms
└─弊社が提供するNTPサーバから応答があることを確認します。

補 足

弊社が提供するNTPサーバのホスト名は、『IIJ GIOインフラストラクチャーP2 サービス詳細資料[共通編]』をご覧ください。

2.初期設定で指定されているNTPサーバを削除して、NTPサーバを追加します。

ファイルの記述書式は、「server <NTPサーバ名> <オプション>」です。

今回の例では、<オプション>を「iburst」とし、3つのNTPサーバを追加します。

$ sudo vi /etc/ntp.conf
server 0.rhel.pool.ntp.org iburst
server 1.rhel.pool.ntp.org iburst
server 2.rhel.pool.ntp.org iburst
server 3.rhel.pool.ntp.org iburst
└─初期設定で指定されているNTPサーバを削除します。

server #### iburst
server #### iburst
server #### iburst
└─弊社が提供するNTPサーバを3つ指定します。

補 足

<オプション>、及びファイル内の他のパラメータは、お客様の要件に応じて設定してください。

3.ntpdを起動します。

$ sudo service ntpd start
Starting ntpd:                                             [  OK  ] ─ 起動すると、このように表示されます。

4.ntpdのステータスを確認します。

$ sudo service ntpd status
ntpd (pid  4985) is running...
                    └─runningと表示されることを確認します。

5.追加したNTPサーバとの時刻同期の状態を確認します。

$ sudo ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
*####            XXX.XXX.XXX.XXX  3 u   42   64    1    0.883    0.384   0.214
+####            XXX.XXX.XXX.XXX  3 u   42   64    1    1.723    0.419   0.235
+####            XXX.XXX.XXX.XXX  3 u   42   64    1    0.907    0.397   0.226
└─追加したNTPサーバのうち1台に「*」と表示されていること、追加した残りのNTPサーバに「+」と表示されていることを確認します。

6.ntpdの自動起動を有効にします。

$ sudo chkconfig ntpd on

7.ntpdの自動起動が有効になったことを確認します。

$ sudo chkconfig --list ntpd
ntpd            0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
                                └─ランレベル2、3、4、及び5が「on」であることを確認します。