4.1 HDD、及びSSDの設定

ご契約いただいた追加ローカルストレージオプション HDD、及びSSDで提供されている、それぞれHDD、またはSSDに、シンプルボリュームを作成する方法を説明します。

1.スタートボタンを右クリックし、「ディスクの管理」をクリックします。
ディスクの管理

「ディスクの管理」画面が表示されます。

HDDは「1676.19GB」、SSD 200GBは「185.78GB」、SSD 400GBは「372.09GB」と表示されます。

ディスクの管理画面
2.HDD、またはSSDを右クリックし、「ディスクの初期化」をクリックします。
ディスクの初期化

「ディスクの初期化」画面が表示されます。

3.「ディスクの選択」に、手順2.で右クリックしたディスクにチェックが付いていることを確認後、「MBR(マスターブートレコード)」を選択して、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン

ディスクが初期化され、「ディスクの管理」画面に「オンライン」と表示されます。

オンライン
4.初期化したディスクの「未割り当て」を右クリックし、「新しいシンプルボリューム」をクリックします。
新しいシンプルボリューム

「新しいシンプルボリュームウィザードの開始」画面が表示されます。

5.「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ボリュームサイズの指定」画面が表示されます。

6.「シンプルボリュームサイズ(MB)」に「最大ディスク領域(MB)」と同じ数値を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ドライブ文字またはパスの割り当て」画面が表示されます。

7.「次のドライブ文字を割り当てる」を選択後、シンプルボリュームに割り当てるドライブ文字を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「パーティションのフォーマット」画面が表示されます。

8.「このボリュームを次の設定でフォーマットする」を選択後、フォーマット方法を設定して、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

フォーマット方法の設定項目は、以下のとおりです。

項目 内容
ファイルシステム 「NTFS」を選択します。
アロケーションユニットサイズ 「既定値」を選択します。
ボリュームラベル 任意のボリュームラベルを入力します。

「新しいシンプルボリュームウィザードの完了」画面が表示されます。

9.正常に完了したことを確認し、「完了」ボタンをクリックします。
完了ボタン
10.「ディスクの管理」画面で、ボリュームが作成されていることを確認します。
ディスクの管理画面