2.1.3 VMware vSphere ESXiサーバへの接続

管理ネットワークへの接続後、以下の2種類のいずれかの方法で、VMware vSphere ESXiサーバに接続してください。

注 意

VMware vSphere Web ClientによるESXiサーバへの接続はできません。

SSHによる接続

管理ネットワークへの接続後、お客様作業端末からVMware vSphere ESXiサーバに接続する方法を説明します。

なお、SSHでリモート接続するには、SSHクライアントソフトをご用意ください。本オンラインマニュアルではWindows用フリーソフトウェアとして配布されているターミナルエミュレータ「Tera Term」を使用した接続方法を説明します。

注 意

TELNET接続はセキュリティの関係上ご利用になれません。

1.「Tera Term」を起動します。

真っ白で何も入力されていない「メインウィンドウ」、及び「Tera Term:新しい接続」画面が表示されます。

2.「TCP/IP」を選択後、接続先を設定して、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン

接続先の設定項目は、以下のとおりです。

項目 内容
ホスト お客様のVMware vSphere ESXiサーバのIPアドレスを入力します。
サービス 「SSH」を選択します。
TCPポート# 「22」と入力します。
補 足

お客様のVMware vSphere ESXiサーバのIPアドレスは、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソースのコントロールパネルに記載されています。詳細は、「B:コントロールパネルのご利用方法 > 8.仮想化プラットフォーム > 8.2 VMware vSphere ESXiサーバ > 8.2.1 VMware vSphere ESXiサーバ詳細情報」をご参照ください。「VMware vSphere ESXiサーバ情報」タブで確認できます。

3.「セキュリティ警告」画面が表示された場合は、「続行」ボタンをクリックします。
続行ボタン

「SSH認証」画面が表示されます。

4.接続のために必要な情報を入力し、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン

接続のために必要な情報は、以下のとおりです。

項目 内容
ユーザ名 「root」と入力します。
チャレンジレスポンス認証を使う(キーボードインタラクティブ) 選択します。
補 足

ユーザ名は、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソースのコントロールパネルに記載されています。詳細は、「B:コントロールパネルのご利用方法 > 8.仮想化プラットフォーム > 8.2 VMware vSphere ESXiサーバ > 8.2.1 VMware vSphere ESXiサーバ詳細情報」をご参照ください。「VMware vSphere ESXiサーバ情報」タブで確認できます。

「SSH認証チャレンジ」画面が表示されます。

5.「Password」にお客様のVMware vSphere ESXiサーバの初期パスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン
補 足

上記の接続のために必要な情報は、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソースのコントロールパネルに記載されています。詳細は、「B:コントロールパネルのご利用方法 > 8.仮想化プラットフォーム > 8.2 VMware vSphere ESXiサーバ > 8.2.1 VMware vSphere ESXiサーバ詳細情報」をご参照ください。「VMware vSphere ESXiサーバ情報」タブで確認できます。

SSHによるVMware vSphere ESXiサーバへのログインが完了します。


VMware vSphere Clientによる接続

管理ネットワークへの接続後、統合管理サーバ、またはお客様作業端末からVMware vSphere ESXiサーバに接続する方法を説明します。

補 足
  • VMware vSphere Clientは、お引き渡し時点で、統合管理サーバにインストールされているため、統合管理サーバにリモートデスクトップで接続し、本手順を実施できます。
  • お客様作業端末からご利用になる場合は、VMware vSphere Clientのインストール、及び名前解決の設定が必要です。名前解決の設定方法の詳細は、「2.3 VMware vSphere Clientの利用設定」をご参照ください。
1.スタートボタンをクリックし、画面左下に表示される矢印をクリックします。
矢印

「アプリ」の一覧が表示されます。

2.「VMware vSphere Client」をクリックします。
VMware vSphere Client

「VMware vSphere Client」のログイン画面が表示されます。

3.接続のために必要な情報を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。
ログインボタン

接続のために必要な情報は、以下のとおりです。

項目 内容
IPアドレス/名前 お客様のVMware vSphere ESXiサーバのIPアドレスを入力します。
ユーザー名 「root」と入力します。
パスワード お客様のVMware vSphere ESXiサーバのユーザーIDの初期パスワードを入力します。
補 足

上記の接続のために必要な情報は、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソースのコントロールパネルに記載されています。詳細は、「B:コントロールパネルのご利用方法 > 8.仮想化プラットフォーム > 8.2 VMware vSphere ESXiサーバ > 8.2.1 VMware vSphere ESXiサーバ詳細情報」をご参照ください。「VMware vSphere ESXiサーバ情報」タブで確認できます。

4.「セキュリティ警告」画面が表示された場合は、「無視」ボタンをクリックします。
補 足

証明書をインストールする場合は、「この証明書をインストールし、「<VMware vSphere ESXiサーバのホスト名>」に対するセキュリティ警告をすべて表示しない」チェックボックスをチェックし、「無視」ボタンをクリックしてください。

無視ボタン

VMware vSphere ClientによるVMware vSphere ESXiサーバへのログインが完了します。