3.1.5 各種ネットワーク

VMware vSphere ESXiサーバは、お引き渡し時点では、仮想マシン用の仮想ネットワークが設定されていない状態で提供されます。仮想マシンを作成される前に仮想マシン用の仮想ネットワークの構成(仮想スイッチの作成、ポートグループの作成など)を実施してください。仮想スイッチは、標準仮想スイッチ、または分散仮想スイッチのいずれかをご利用になれます。

ご契約いただいたVMware vSphere ESXiサーバの品目によって各種ネットワーク(ネットワーク「インターネット接続」、ネットワーク「ローカルネットワーク」、及びネットワーク「プライベートネットワーク」)でご利用になれる物理NICが異なります。

また、特定のVMware vSphere ESXiサーバの品目では、仮想マシン用の仮想ネットワーク(ネットワーク「インターネット接続」、ネットワーク「ローカルネットワーク」、及びネットワーク「プライベートネットワーク」)は、一部のサービスネットワークと物理NICを共用しています。これに伴い、お引き渡し時点では、仮想マシン用の仮想ネットワークと物理NICを共有する一部サービスネットワークが設定されていない状態で提供されます。該当するサービスネットワークをご利用になる場合は、お客様にて該当するサービスネットワークの構成を実施してください。

VMware vSphere ESXiサーバの品目ごとの、仮想マシン用の仮想ネットワークの対応vmnic、及び仮想マシン用の仮想ネットワークと物理NICを共用するサービスネットワークは、以下のとおりです。

提供サイト 提供ゾーン プール 品目 仮想マシン用の仮想ネットワークの対応vmnic 仮想マシン用の仮想ネットワークと物理NICを共用するサービスネットワーク
S11 VWゾーン プール1プール3 VMware vSphere ESXiサーバ VW12-128-FC vmnic1、vmnic5 -
VMware vSphere ESXiサーバ VW16-128-FC/S2 vmnic1、vmnic5 -
プール2プール4 VMware vSphere ESXiサーバ VW24-192-FC-10G vmnic2、vmnic3

vMotionネットワーク

FTネットワーク

VMware vSphere ESXiサーバ VW24-192-FC-10G/S2 vmnic2、vmnic3
VMware vSphere ESXiサーバ VW48-1024-FC-10G/S2 vmnic2、vmnic3
VMware vSphere ESXiサーバ VW96-1024-FC-10G/S2 vmnic2、vmnic3
S12 VWゾーン プール2 VMware vSphere ESXiサーバ VW16-128-FC-10G/S3 vmnic0、vmnic2 IPストレージネットワーク(NFS)
VMware vSphere ESXiサーバ VW24-192-FC-10G/S3 vmnic0、vmnic2
VMware vSphere ESXiサーバ VW48-1024-FC-10G/S3 vmnic0、vmnic2
VMware vSphere ESXiサーバ VW96-1024-FC-10G/S3 vmnic0、vmnic2

標準仮想スイッチ

標準仮想スイッチの作成

標準仮想スイッチを作成する方法を説明します。

1.VMware vSphere Web Clientを使用し、統合管理サーバに接続します。
2.「ホーム」をクリック後、「ホストおよびクラスタ」をクリックして、ホスト(今回の例では「ehv99631116esx001.pri.p2.local」)を選択します。
ehv99631116esx001.pri.p2.local
3.ホスト(今回の例では「ehv99631116esx001.pri.p2.local」)画面で「アクション」をクリックし、「ネットワークの追加」をクリックします。
ネットワークの追加

「接続タイプの選択」画面が表示されます。

4.「標準スイッチの仮想マシンのポートグループ」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ターゲットデバイスの選択」画面が表示されます。

5.「新しい標準スイッチ」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「標準スイッチの作成」画面が表示されます。

6.アダプタの追加(アダプタの追加)をクリックします。
補 足

「アダプタの追加」は物理NICごとになります。

作成する標準仮想スイッチに割り当てる物理NICに対して、手順6.~7.を実施します。

アダプタの追加

「スイッチに物理的アダプタを追加する」画面が表示されます。

7.「フェイルオーバーの順序グループ」で「有効なアダプタ」を選択後、「ネットワークアダプタ」からVMware vSphere ESXiサーバの各品目に対応する物理NICを選択して、「OK」ボタンをクリックします。
補 足

今回の例では、VM24-192-FC-10G、及びVM24-192-FC-10G/S2をご利用の場合の画面で説明します。

OKボタン OKボタン

「標準スイッチの作成」画面に戻ります。

8.「割り当てられたアダプタ」に割り当てた物理NIC(今回の例では「vmnic2」、及び「vmnic3」)が表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「接続設定」画面が表示されます。

9.任意の「ネットワークラベル」(今回の例では「仮想マシンネットワーク」)を入力後、ご契約された各種ネットワークに割り当てられた「VLAN ID」を入力して、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「終了準備の完了」画面が表示されます。

10.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン
11.「管理」タブをクリック後、「ネットワーク」をクリックして、標準仮想スイッチ(今回の例では「vSwitch2」)が作成されたことを確認します。
vSwitch2
12.作成した標準仮想スイッチ(今回の例では「vSwitch2」)を選択し、設定の編集(設定の編集)をクリックします。
設定の編集

「設定の編集」画面が表示されます。

13.「チーミングおよびフェイルオーバー」をクリックし、「ロードバランシング」の方式を選択します。
注 意

仮想化プラットフォーム VWシリーズでご利用になれる「ロードバランシング」方式は以下のいずれかです。これ以外の方式を選択した場合の動作は保証されません。

  • 発信元の仮想ポートに基づいたルート(デフォルト)
  • 発信元MACハッシュに基づいたルート
  • 明示的なフェイルオーバー順序を使用
ロードバランシング
14.「ネットワークの障害検出」で「リンク状態のみ」が選択されていることを確認します。
注 意

仮想化プラットフォーム VWシリーズでご利用になれる「ネットワークの障害検知」方式は、「リンク状態のみ」のみです。

その他の方式を選択した場合の動作は保証されません。

ネットワークの障害検出
15.標準仮想スイッチに関する、その他の設定は、お客様にて任意の値を設定していただき、「OK」ボタンをクリックし、設定を完了します。
16.本手順を同一構成で使用する予定のすべてのVMware vSphere ESXiサーバに対して実施します。


ポートグループ作成、及び設定

ポートグループを作成し、設定する方法を説明します。

1.「標準仮想スイッチ > 標準仮想スイッチの作成」で作成した標準仮想スイッチ(今回の例では「vSwitch2」)を選択し、ホストネットワークを追加します(ホストネットワークを追加します)をクリックします。
ホストネットワークを追加します

「接続タイプの選択」画面が表示されます。

2.「標準スイッチの仮想マシンのポートグループ」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ターゲットデバイスの選択」画面が表示されます。

3.「既存の標準スイッチの選択」が選択され、選択した標準スイッチ(今回の例では「vSwitch2」)が表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「接続設定」画面が表示されます。

4.任意の「ネットワークラベル」(今回の例では「仮想マシンネットワーク2」)を入力後、ご契約された各種ネットワークに割り当てられた「VLAN ID」を入力して、「次へ」ボタンをクリックします。
補 足
次へボタン

「終了準備の完了」画面が表示されます。

5.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン
6.ポートグループ(今回の例では「仮想マシンネットワーク2」)が作成されたことを確認します。
仮想マシンネットワーク2
7.作成したポートグループを選択し、設定の編集(設定の編集)をクリックします。
設定の編集
8.ポートグループの設定編集画面で各種詳細設定を任意で実施し、「閉じる」をクリックします。
注 意

標準仮想スイッチと同様、「ロードバランシング」、及び「ネットワークの障害検出」の設定には、以下の制限があります。

  • 仮想化プラットフォーム VWシリーズでご利用になれる「ロードバランシング」方式は以下のいずれかです。これ以外の方式を選択した場合の動作は保証されません。
    • 発信元の仮想ポートに基づいたルート(デフォルト)
    • 発信元MACハッシュに基づいたルート
    • 明示的なフェイルオーバー順序を使用
  • 仮想化プラットフォーム VWシリーズでご利用になれる「ネットワークの障害検出」方式は、「リンク状態のみ」のみです。
    その他の方式を選択した場合の動作は保証されません。
9.本手順を同一構成で使用する予定のすべてのVMware vSphere ESXiサーバに対して実施します。


分散仮想スイッチ プール1プール3

分散仮想スイッチの作成

プール1、及びプール3の品目をご契約のお客様が、分散仮想スイッチを作成する方法を説明します。

1.VMware vSphere Web Clientを使用し、統合管理サーバに接続します。
2.「ホーム」をクリックし、「ネットワーク」をクリックします。次に、データセンター(今回の例では「Datacenter_01」)を右クリック後、「Distributed Switch」をクリックして、「新しいDistributed Switch」をクリックします。
新しいDistributed Switch

「名前と場所」画面が表示されます。

3.任意の「名前」(今回の例では「dvSwitch」)を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「バージョンの選択」画面が表示されます。

4.「Distributed Switch: 6.0.0」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「設定の編集」画面が表示されます。

5.「アップリンク数」で、vSphere Distributed Switchに紐づける物理アダプタ数(1~2)を入力後、任意の「ポートグループ名」(今回の例では「dvPortGroup」)を入力して、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「終了準備の完了」画面が表示されます。

6.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン
7.分散仮想スイッチ(今回の例では「dvSwitch」)が作成されたことを確認します。
dvSwitch
8.「vCenterインベントリリスト」をクリックし、「Distributed Switches」をクリックします。次に、「管理」タブをクリック後、「設定」をクリックして、「トポロジ」をクリックします。さらに、ホストをこのDistributed Switchに追加して、物理または仮想ネットワークアダプタを移行します。(ホストをこのDistributed Switchに追加して、物理または仮想ネットワークアダプタを移行します。)をクリックします。
ホストをこのDistributed Switchに追加して、物理または仮想ネットワークアダプタを移行します。

「タスクを選択」画面が表示されます。

9.「ホストの追加」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ホストの選択」画面が表示されます。

10.「新規ホスト」をクリックします。
新規ホスト

「新規ホストの選択」画面が表示されます。

11.追加するホスト(今回の例では「ehv46335142esx001.pri.p2.local」)のチェックボックスをチェックし、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン

「ホストの選択」画面に戻ります。

12.追加するホストが表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ネットワークアダプタタスクの選択」画面が表示されます。

13.「物理アダプタの管理」チェックボックスをチェックし、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「物理ネットワークアダプタの管理」画面が表示されます。

14.VMware vSphere ESXiサーバの各品目、及び対応する物理NICを選択し、「アップリンクの割り当て」をクリックします。

物理NICを複数割り当てる場合は、手順14.~15.を繰り返し実施します。

補 足

今回の例では、VW12-128-FC、及びVW16-128-FC/S2をご利用の場合の画面で説明します。

アップリンクの割り当て

「<物理NIC>のアップリンクの選択」画面が表示されます。

15.「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン

「物理ネットワークアダプタの管理」画面に戻ります。

16.物理NIC(今回の例では「vmnic1」、及び「vmnic5」)が、「割り当て済み」であることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「影響の分析」画面が表示されます。

17.「全体的な影響のステータス」が、「影響ありません」であることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「終了準備の完了」画面が表示されます。

18.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン


分散ポートグループ作成、及び設定

プール1、及びプール3の品目をご契約のお客様が、分散ポートグループを作成し、設定する方法を説明します。

1.「vCenterインベントリリスト」をクリック後、「Distributed Switches」をクリックして、「分散仮想スイッチ プール1プール3 > 分散仮想スイッチの作成」で作成した分散仮想スイッチ(今回の例では「dvSwitch」)を選択します。
dvSwitch
2.「管理」タブをクリック後、「設定」をクリックして、新規分散ポートグループを作成します(新規分散ポートグループを作成します)をクリックします。
新規分散ポートグループを作成します

「名前と場所の選択」画面が表示されます。

3.任意の「名前」(今回の例では「dvPortGroup2」)を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「設定の構成」画面が表示されます。

4.「VLANタイプ」を選択後、「VLAN ID」を入力して、「次へ」ボタンをクリックします。

「VLANタイプ」から、「VLAN」、または「VLANトランク」を選択し、ご契約された各種ネットワークに割り当てられた「VLAN ID」、またはVLAN IDを含むVLANトランクの範囲を入力します。

次へボタン

「終了準備の完了」画面が表示されます。

5.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン
6.分散ポートグループ(今回の例では「dvPortGroup2」)が作成されたことを確認します。
dvPortGroup2
7.作成した分散ポートグループ(今回の例では「dvPortGroup2」)を選択し、分散ポートグループ設定を編集します(分散ポートグループ設定を編集します)をクリックします。
分散ポートグループ設定を編集します

「設定の編集」画面が表示されます。

8.「チーミングおよびフェイルオーバー」をクリックします。
チーミングおよびフェイルオーバー
9.「ロードバランシング」の方式を選択します。
注 意

仮想化プラットフォーム VWシリーズでご利用になれる「ロードバランシング」方式は以下のいずれかです。これ以外の方式を選択した場合の動作は保証されません。

  • 発信元の仮想ポートに基づいたルート(デフォルト)
  • 発信元MACハッシュに基づいたルート
  • 物理NIC負荷に基づいたルート
  • 明示的なフェイルオーバー順序を使用
ロードバランシング
10.「ネットワークの障害検出」で「リンク状態のみ」が選択されていることを確認します。
注 意

仮想化プラットフォーム VWシリーズでご利用になれる「ネットワークの障害検出」方式は、「リンク状態のみ」のみです。

その他の方式を選択した場合の動作は保証されません。

ネットワークの障害検出
11.分散ポートグループに関する、その他の設定は、お客様にて任意の値を設定していただき、「OK」ボタンをクリックし、設定を完了します。


分散仮想スイッチ プール2プール4

分散仮想スイッチの作成

プール2、及びプール4の品目をご契約のお客様が、分散仮想スイッチを作成する方法を説明します。

1.VMware vSphere Web Clientを使用し、統合管理サーバに接続します。
2.「ホーム」をクリックし、「ネットワーク」をクリックします。次に、データセンター(今回の例では「Datacenter」)を右クリック後、「Distributed Switch」をクリックして、「新しいDistributed Switch」をクリックします。
新しいDistributed Switch

「名前と場所」画面が表示されます。

3.任意の「名前」(今回の例では「dvSwitch」)を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「バージョンの選択」画面が表示されます。

4.「Distributed Switch: 6.0.0」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「設定の編集」画面が表示されます。

5.「アップリンク数」で、vSphere Distributed Switchに紐づける物理アダプタ数(1~2)を入力後、任意の「ポートグループ名」(今回の例では「dvPortGroup」)を入力して、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「終了準備の完了」画面が表示されます。

6.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン
7.分散仮想スイッチ(今回の例では「dvSwitch」)が作成されたことを確認します。
dvSwitch
8.「vCenterインベントリリスト」をクリックし、「Distributed Switches」をクリックします。次に、「管理」タブをクリック後、「設定」をクリックして、「トポロジ」をクリックします。さらに、ホストをこのDistributed Switchに追加して、物理または仮想ネットワークアダプタを移行します。(ホストをこのDistributed Switchに追加して、物理または仮想ネットワークアダプタを移行します。)をクリックします。
ホストをこのDistributed Switchに追加して、物理または仮想ネットワークアダプタを移行します。

「タスクを選択」画面が表示されます。

9.「ホストの追加」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ホストの選択」画面が表示されます。

10.「新規ホスト」をクリックします。
新規ホスト

「新規ホストの選択」画面が表示されます。

11.追加するホスト(今回の例では「ehv24269537esx001.pri.p2.local」)のチェックボックスをチェックし、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン

「ホストの選択」画面に戻ります。

12.追加するホストが表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ネットワークアダプタタスクの選択」画面が表示されます。

13.「物理アダプタの管理」チェックボックスをチェックし、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「物理ネットワークアダプタの管理」画面が表示されます。

14.VMware vSphere ESXiサーバの各品目、及び対応する物理NICを選択し、「アップリンクの割り当て」をクリックします。

物理NICを複数割り当てる場合は、手順14.~15.を繰り返し実施します。

補 足

今回の例では、VM24-192-FC-10G、及びVM24-192-FC-10G/S2をご利用の場合の画面で説明します。

アップリンクの割り当て

「<物理NIC>のアップリンクの選択」画面が表示されます。

15.「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン

「物理ネットワークアダプタの管理」画面に戻ります。

16.物理NIC(今回の例では「vmnic2」、及び「vmnic3」)が、「割り当て済み」であることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「影響の分析」画面が表示されます。

17.「全体的な影響のステータス」が、「影響ありません」であることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「終了準備の完了」画面が表示されます。

18.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン


分散ポートグループ作成、及び設定

プール2、及びプール4の品目をご契約のお客様が、分散ポートグループを作成し、設定する方法を説明します。

1.「vCenterインベントリリスト」をクリック後、「Distributed Switches」をクリックして、「分散仮想スイッチ プール2プール4 > 分散仮想スイッチの作成」で作成した分散仮想スイッチ(今回の例では「dvSwitch」)を選択します。
dvSwitch
2.「管理」タブをクリック後、「設定」をクリックして、新規分散ポートグループを作成します(新規分散ポートグループを作成します)をクリックします。
新規分散ポートグループを作成します

「名前と場所の選択」画面が表示されます。

3.任意の「名前」(今回の例では「dvPortGroup2」)を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「設定の構成」画面が表示されます。

4.「VLANタイプ」を選択後、「VLAN ID」を入力して、「次へ」ボタンをクリックします。

「VLANタイプ」から、「VLAN」、または「VLANトランク」を選択し、ご契約された各種ネットワークに割り当てられた「VLAN ID」、またはVLAN IDを含むVLANトランクの範囲を入力します。

次へボタン

「終了準備の完了」画面が表示されます。

5.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン
6.分散ポートグループ(今回の例では「dvPortGroup2」)が作成されたことを確認します。
dvPortGroup2
7.作成した分散ポートグループ(今回の例では「dvPortGroup2」)を選択し、分散ポートグループ設定を編集します(分散ポートグループ設定を編集します)をクリックします。
分散ポートグループ設定を編集します

「設定の編集」画面が表示されます。

8.「チーミングおよびフェイルオーバー」をクリックします。
チーミングおよびフェイルオーバー
9.「ロードバランシング」の方式を選択します。
注 意

仮想化プラットフォーム VWシリーズでご利用になれる「ロードバランシング」方式は以下のいずれかです。これ以外の方式を選択した場合の動作は保証されません。

  • 発信元の仮想ポートに基づいたルート(デフォルト)
  • 発信元MACハッシュに基づいたルート
  • 物理NIC負荷に基づいたルート
  • 明示的なフェイルオーバー順序を使用
ロードバランシング
10.「ネットワークの障害検出」で「リンク状態のみ」が選択されていることを確認します。
注 意

仮想化プラットフォーム VWシリーズでご利用になれる「ネットワークの障害検出」方式は、「リンク状態のみ」のみです。

その他の方式を選択した場合の動作は保証されません。

ネットワークの障害検出
11.分散ポートグループに関する、その他の設定は、お客様にて任意の値を設定していただき、「OK」ボタンをクリックし、設定を完了します。


vMotionポートグループ作成、及び設定 S11

vMotionポートグループを作成し、設定する方法を説明します。

1.vMotion用の分散ポートグループを作成します。
補 足

分散ポートグループの作成方法の詳細は、「分散仮想スイッチ プール2プール4 > 分散ポートグループ作成、及び設定」をご参照ください。

なお、「分散ポートグループ作成、及び設定」の手順4.で入力する「VLAN ID」の情報は、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソースのコントロールパネルに記載されています。詳細は、「B:コントロールパネルのご利用方法 > 8.仮想化プラットフォーム > 8.1 ベースセット/VW > 8.1.1 ベースセット/VW詳細情報」をご参照ください。「サービスネットワーク情報」タブの「VLAN ID」で確認できます。

2.「vCenterインベントリリスト」をクリックし、「Distributed Switches」をクリックします。次に、「管理」タブをクリック後、「設定」をクリックして、ホストをこのDistributed Switchに追加して、物理または仮想ネットワークアダプタを移行します。(ホストをこのDistributed Switchに追加して、物理または仮想ネットワークアダプタを移行します。)をクリックします。
ホストをこのDistributed Switchに追加して、物理または仮想ネットワークアダプタを移行します。

「タスクを選択」画面が表示されます。

3.「ホストネットワークの管理」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ホストの選択」画面が表示されます。

4.「接続されたホスト」をクリックします。
接続されたホスト

「メンバーホストの選択」画面が表示されます。

5.選択するホスト(今回の例では「ehv24269537esx001.pri.p2.local」)のチェックボックスをチェックし、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン

「ホストの選択」画面に戻ります。

6.追加するホストが表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ネットワークアダプタタスクの選択」画面が表示されます。

7.「VMkernelアダプタの管理」チェックボックスのみをチェックし、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「VMkernelネットワークアダプタの管理」画面が表示されます。

8.「新規アダプタ」をクリックします。
新規アダプタ

「ターゲットデバイスの選択」画面が表示されます。

9.「既存の分散ポートグループの選択」が選択されていることを確認し、「参照」ボタンをクリックします。
参照ボタン

「ネットワークの選択」画面が表示されます。

10.手順1.で作成した分散ポートグループ(今回の例では「vmk_vMotion」)を選択し、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン

「ターゲットデバイスの選択」画面に戻ります。

11.「既存の分散ポートグループの選択」が選択され、選択した分散ポートグループ(今回の例では「vmk_vMotion」)が表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ポートのプロパティ」画面が表示されます。

12.「使用可能なサービス」で、「vMotionトラフィック」チェックボックスをチェックし、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「IPv4設定」画面が表示されます。

13.「固定IPv4設定を使用します」を選択後、ご利用になれるvMotionネットワークに紐づく情報を設定して、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

ご利用になれるvMotionネットワークに紐づく情報の設定項目は、以下のとおりです。

項目 内容
IPv4アドレス VMkernelのIPアドレスを入力します。
サブネットマスク VMkernelのIPアドレスのサブネットマスクを入力します。
補 足

上記のvMotionネットワークのVMkernelに必要な情報は、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソースのコントロールパネルに記載されています。詳細は、「B:コントロールパネルのご利用方法 > 8.仮想化プラットフォーム > 8.1 ベースセット/VW > 8.2.1 VMware vSphere ESXiサーバ詳細情報」をご参照ください。「ネットワーク詳細」のvMotionネットワークに記載された「IPアドレス」、及び「ネットマスク」で確認できます。

「終了準備の完了」画面が表示されます。

14.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン

「VMkernelネットワークアダプタの管理」画面に戻ります。

15.新規にVMkernelネットワークアダプタが作成されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「影響の分析」画面が表示されます。

16.「全体的な影響のステータス」が「影響ありません」であることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「終了準備の完了」画面が表示されます。

17.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン


FTポートグループ作成、及び設定 S11

FTポートグループを作成し、設定する方法を説明します。

1.VMware vSphere Fault Tolerance(FT)用の分散ポートグループを作成します。
補 足

分散ポートグループの作成方法の詳細は、「分散仮想スイッチ プール2プール4 > 分散ポートグループ作成、及び設定」をご参照ください。

なお、「分散ポートグループ作成、及び設定」の手順4.で入力する「VLAN ID」の情報は、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソースのコントロールパネルに記載されています。詳細は、以下のリンク先をご参照ください。それぞれ、「サービスネットワーク情報」タブをクリック後、FTネットワークに記載された「VLAN ID」で確認できます。

2.「分散仮想スイッチ プール2プール4 > vMotionポートグループ作成、及び設定」の手順2.~9.を実行します。

「ネットワークの選択」画面が表示されます。

3.手順1.で作成した分散ポートグループ(今回の例では「vmk_FT」)を選択し、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン

「ターゲットデバイスの選択」画面に戻ります。

4.「既存の分散ポートグループの選択」が選択され、選択した分散ポートグループ(今回の例では「vmk_FT」)が表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ポートのプロパティ」画面が表示されます。

5.「使用可能なサービス」で、「Fault Toleranceのログ」チェックボックスをチェックし、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「IPv4設定」画面が表示されます。

6.「固定IPv4設定を使用します」を選択後、ご利用になれるFTネットワークに紐づく情報を設定して、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

ご利用になれるFTネットワークに紐づく情報の設定項目は、以下のとおりです。

項目 内容
IPv4アドレス VMkernelのIPアドレスを入力します。
サブネットマスク VMkernelのIPアドレスのサブネットマスクを入力します。
補 足

上記のFTネットワークのVMkernelに必要な情報は、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソースのコントロールパネルに記載されています。詳細は、「B:コントロールパネルのご利用方法 > 8.仮想化プラットフォーム > 8.1 ベースセット/VW > 8.2.1 VMware vSphere ESXiサーバ詳細情報」をご参照ください。「ネットワーク詳細」のFTネットワークに記載された「IPアドレス」、及び「ネットマスク」で確認できます。

「終了準備の完了」画面が表示されます。

7.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン

「VMkernelネットワークアダプタの管理」画面に戻ります。

8.新規にVMkernelネットワークアダプタが作成されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「影響の分析」画面が表示されます。

9.「全体的な影響のステータス」が「影響ありません」であることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「終了準備の完了」画面が表示されます。

10.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン


IPストレージポートグループ作成、及び設定 S12

IPストレージポートグループを作成し、設定する⽅法を説明します。

1.IPストレージ用の分散ポートグループを作成します。
補 足

分散ポートグループの作成方法の詳細は、「分散仮想スイッチ プール2プール4 > 分散ポートグループ作成、及び設定」をご参照ください。

なお、「分散ポートグループ作成、及び設定」の手順4.で入力する「VLAN ID」の情報は、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソースのコントロールパネルに記載されています。詳細は、「B:コントロールパネルのご利用方法 > 8.仮想化プラットフォーム > 8.1 ベースセット/VW > 8.1.1 ベースセット/VW詳細情報」をご参照ください。「サービスネットワーク情報」タブの「VLAN ID」で確認できます。

2.「vCenterインベントリリスト」をクリックし、「Distributed Switches」をクリックします。次に、「管理」タブをクリック後、「設定」をクリックして、ホストをこのDistributed Switchに追加して、物理または仮想ネットワークアダプタを移行します。(ホストをこのDistributed Switchに追加して、物理または仮想ネットワークアダプタを移行します。)をクリックします。
ホストをこのDistributed Switchに追加して、物理または仮想ネットワークアダプタを移行します

「タスクを選択」画面が表示されます。

3.「ホストネットワークの管理」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
ホストネットワークの管理。

「ホストの選択」画面が表示されます。

4.「接続されたホスト」をクリックします。
接続されたホスト

「メンバーホストの選択」画面が表示されます。

5.選択するホスト(今回の例では「ehv99631116esx001.pri.p2.local」)のチェックボックスをチェックし、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン

「ホストの選択」画面に戻ります。

6.追加するホストが表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ネットワークアダプタタスクの選択」画面が表示されます。

7.「VMkernelアダプタの管理」チェックボックスのみをチェックし、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「VMkernelネットワークアダプタの管理」画面が表示されます。

8.「新規アダプタ」をクリックします。
新規アダプタ

「ターゲットデバイスの選択」画面が表示されます。

9.「既存のネットワークの選択」が選択されていることを確認し、「参照」ボタンをクリックします。
参照ボタン

「ネットワークの選択」画面が表示されます。

10.手順1.で作成した分散ポートグループ(今回の例では「vmk_NFS01」)を選択し、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン

「ターゲットデバイスの選択」画面に戻ります。

11.「既存のネットワークの選択」が選択され、選択した分散ポートグループ(今回の例では「vmk_NFS01」)が表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「ポートのプロパティ」画面が表示されます。

12.「使用可能なサービス」で、すべてのチェックボックスがチェックされていないことを確認後、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「IPv4設定」画面が表示されます。

13.「固定IPv4設定を使用します」を選択後、ご利用になれるIPストレージネットワークに紐づく情報を設定して、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

ご利用になれるIPストレージネットワークに紐づく情報の設定項目は、以下のとおりです。

項目 内容
IPv4アドレス VMkernelのIPアドレスを入力します。
サブネットマスク VMkernelのIPアドレスのサブネットマスクを入力します。
補 足

上記のIPストレージネットワークのVMkernelに必要な情報は、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソースのコントロールパネルに記載されています。詳細は、「B:コントロールパネルのご利用方法 > 8.仮想化プラットフォーム > 8.1 ベースセット/VW > 8.2.1 VMware vSphere ESXiサーバ詳細情報」をご参照ください。「ネットワーク詳細」のIPストレージネットワークに記載された「IPアドレス」、及び「ネットマスク」で確認できます。

「終了準備の完了」画面が表示されます。

14.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン

「VMkernelネットワークアダプタの管理」画面に戻ります。

15.新規にVMkernelネットワークアダプタが作成されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「影響の分析」画面が表示されます。

16.「全体的な影響のステータス」が「影響ありません」であることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
次へボタン

「終了準備の完了」画面が表示されます。

17.設定内容を確認し、「終了」ボタンをクリックします。
終了ボタン


VMware vSphere Network I/O Controlの設定

VMware vSphere Network I/O Controlに関して設定する方法を説明します。

1.「vCenterインベントリリスト」をクリック後、「Distributed Switches」をクリックして、任意の分散仮想スイッチ(今回の例では「dvSwitch」)を選択します。
2.「管理」タブをクリック後、「リソース割り当て」をクリックして、「システムトラフィック」をクリックします。
システムトラフィック
3.トラフィックタイプから任意の項目(今回の例では「仮想マシントラフィック」)を選択し、選択されたシステムトラフィックのリソース設定を編集します。(選択されたシステムトラフィックのリソース設定を編集します。)をクリックします。
選択されたシステムトラフィックのリソース設定を編集します。

「仮想マシントラフィックのリソース設定の編集」画面が表示されます。

4.各項目を任意に設定し、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン
5.お客様にて任意の仮想マシンにトラフィックを割り当てる場合は、対象の仮想マシンのネットワークアダプタとして設定されている分散ポートグループを確認します。
6.「仮想マシントラフィック」をクリックし、選択されたシステムトラフィックのリソース設定を編集します。(選択されたシステムトラフィックのリソース設定を編集します。)をクリックします。
選択されたシステムトラフィックのリソース設定を編集します。

「仮想マシントラフィックのリソース設定の編集」画面が表示されます。

7.各項目を任意に設定し、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン
8.「仮想マシントラフィック」の「予約」に手順7.で設定した値が表示されていることを確認します。
予約
9.「ネットワークリソースプール」をクリックし、ネットワークリソースプールを作成します。(ネットワークリソースプールを作成します。)をクリックします。
ネットワークリソースプールを作成します。

「新規ネットワークリソースプール」画面が表示されます。

10.「名前」に任意の文字列を入力後、「予約割り当て」に手順7.で設定した「仮想マシントラフィック」から割り当てるリソースを設定して、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン
11.ネットワークリソースプール(今回の例では「VMネットワークリソースプール」)が作成されたことを確認します。
VMネットワークリソースプール
12.「vCenterインベントリリスト」をクリック後、「分散ポートグループ」をクリックして、手順5.で確認した仮想マシンのネットワークアダプタとして設定されている分散ポートグループ(今回の例では「dvPortGroup」)を選択します。
13.「管理」タブをクリック後、「設定」をクリックして、「編集」ボタンをクリックします。
編集ボタン

「設定の編集」画面が表示されます。

14.手順10.で作成したネットワークリソースプール(今回の例では「VMネットワークリソースプール」)を選択し、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン
15.作成したネットワークリソースプールが適用されたことを確認します。
ネットワークリソースプール
16.「vCenterインベントリリスト」をクリック後、「Distributed Switches」をクリックして、トラフィックを割り当てる仮想マシンが接続されている分散仮想スイッチ(今回の例では「dvSwitch」)を選択します。
17.「管理」タブをクリック後、「リソース割り当て」をクリックして、「ネットワークリソースプール」をクリックします。
ネットワークリソースプール
18.「名前」で、手順14.で分散ポートグループに割り当てたネットワークリソースプール(今回の例では「VMネットワークリソースプール」)を選択します。
ネットワークリソースプール
19.「仮想マシン」タブをクリック後、仮想マシン(今回の例では「vm_01」)を選択して、選択された仮想マシンネットワークアダプタのリソース設定を編集します。(選択された仮想マシンネットワークアダプタのリソース設定を編集します。)をクリックします。
選択された仮想マシンネットワークアダプタのリソース設定を編集します。

「ネットワークアダプタ1のリソース設定の編集」画面が表示されます。

20.各項目を任意に設定し、「OK」ボタンをクリックします。
OKボタン
21.仮想マシン(今回の例では「vm_01」)の「予約」に手順20.で設定した値が表示されていることを確認します。
予約