6.2.2 リストのエクスポート

VMware vSphere ESXiサーバのイベントのリストをエクスポートする方法を説明します。リストのエクスポートは、以下の方法で実行できます。

コマンドでリストをエクスポートする方法

1.リモートデスクトップ接続を使用し、運用管理サーバへ接続します。
2.スタートボタンをクリックし、「Windows PowerShell」フォルダの「Windows PowerShell」を右クリックして、「管理者として実行する」をクリックします。
管理者として実行する
3.以下のコマンドを実行し、VMware vCenter Server Applianceに接続します。

PS> Connect-VIServer -Server <VMware vCenter Server ApplianceのIPアドレスまたはFQDN> -User administrator@vsphere.local -Password <administrator@vsphere.localのパスワード>

4.以下のコマンドを実行し、事象が発生した時間帯が含まれる期間の開始時間を設定します。

PS> $StartDate = [Datetime]"yyyy/MM/dd HH:mm:ss"

5.以下のコマンドを実行し、事象が発生した時間帯が含まれる期間の終了時間を設定します。

PS> $FinishDate = [Datetime]"yyyy/MM/dd HH:mm:ss"

6.以下のコマンドを実行し、事象が発生した時間帯が含まれるVMware vSphere ESXiサーバ、及びVMware vSphere ESXiサーバ上の仮想マシンのイベントのリストを取得します。
補 足
  • 設定したイベント発生日時、及び取得されるイベントの最大数(今回の例では「1000」)を指定してください。
  • VMware vSphere ESXiサーバ上の仮想マシンが複数ある場合は、仮想マシン名ごとにカンマ「,」で区切り、すべての仮想マシン名を指定してください。
  • 「C:¥SupportLog」配下に、ログ取得日付(YYYYMMDD)に応じたフォルダを作成してください。

PS> Get-VIEvent -Start $StartDate -Finish $FinishDate -MaxSamples 1000 -Entity <VMware vSphere ESXiサーバ>,<VMware vSphere ESXiサーバ上の仮想マシン名> | Export-CSV -NoTypeInformation -Path "C:¥SupportLog¥<YYYYMMDD>¥<VMware vSphere ESXiサーバのホスト名>.csv”

7.ご契約いただいているVMware vSphere ESXiサーバが複数ある場合は、手順4.~6.に従い、各VMware vSphere ESXiサーバのリストを取得します。
8.以下のコマンドを実行し、Windows PowerShellを終了します。

PS> exit

9.運用管理サーバからログオフします。