9.9.3 VMware vCenter Server Applianceと連携している製品の対応

VMware vCenter Server Applianceと連携している各種製品※1を導入されている場合は、マシンSSL証明書の更新に伴い、VMware vCenter Server Applianceとの接続が切断される可能性があります。

※1 VMware NSX、VMware vRealize Operations Manager、VMware vSphere Replicationなどが該当します。


VMware vCenter Server Applianceとの接続が切断された場合は、連携している製品の「対応」に沿って、作業を実施する必要があります。

連携している製品 対応
VMware NSX VMware NSXの対応」を実施してください。
VMware vRealize Operations Manager VMware vRealize Operations Managerの対応」を実施してください。
VMware vSphere Replication VMware vSphere Replicationの対応」を実施してください。
その他の製品 製品ごとにVMware vCenter Server Applianceとの接続をご確認いただき、VMware vCenter Server Applianceとの接続が切断されている場合は、再接続を実施してください。
補 足

VMware vCenter Server Applianceとの接続が切断された場合でも、VMware NSX、VMware vRealize Operations Manager、及びVMware vSphere Replicationの動作に影響はありません。証明書の有効期限が切れた場合も同様です。ただし、接続が切断されている間は、各製品の設定変更ができません。

VMware NSXの対応

VMware NSXを導入されている場合は、マシンSSL証明書の更新に伴い、VMware vCenter Server Applianceとの接続が切断される可能性があります。接続が切断された場合は、VMware社が提供する以下のドキュメントをご覧いただき、記載された手順に従いVMware vCenter ServerおよびLookup Serviceを再登録してください。


VMware vRealize Operations Managerの対応

VMware vRealize Operations Managerを導入されている場合は、マシンSSL証明書の更新に伴い、VMware vCenter Server Applianceとの接続が切断される可能性があります。接続が切断された場合は、VMware社が提供する「vRealize Operations Managerでの vCenter アダプタ インスタンスの構成(https://docs.vmware.com/jp/vRealize-Operations-Manager/7.0/com.vmware.vcom.core.doc/GUID-19DAD6AF-7262-4655-B69F-6C665E33B52F.html)」をご覧いただき、記載された手順に従いVMware vCenter Serverへ再接続してください。

VMware vSphere Replicationの対応

VMware vSphere Replicationを導入されている場合は、マシンSSL証明書の更新に伴い、VMware vCenter Server Applianceとの接続が切断される可能性があります。接続が切断された場合は、VMware社が提供する「vSphere ReplicationアプライアンスのvCenter Single Sign-Onへの登録」(https://docs.vmware.com/jp/vSphere-Replication/6.5/com.vmware.vsphere.replication-admin.doc/GUID-964F4F6C-62B1-4EDA-9B50-E4F55C55CF15.html)をご覧いただき、記載された手順に従いVMware vCenter Serverへ再接続してください。