2.1 初期設定

注 意

2020年7月8日以前に、仮想化プラットフォーム VWシリーズをご契約されたお客様のみ実施していただく必要があります。

バックアップセット/VWをご利用いただくにあたり、統合管理サーバ、VMware vCenter Server Appliance、運用管理サーバ、及びVMware vSphere ESXiサーバとバックアップサーバ間で通信を行えるようにするため、それぞれのサーバに対して、バックアップサーバへのルーティング設定を追加します。また、バックアップサーバの名前解決をするため、統合管理サーバ、または運用管理サーバにDNSレコードを追加します。

本設定を追加する作業は、弊社から提供するスクリプトをお客様にて実行していただくことで設定できます。

注 意
  • 本スクリプトは、VMwarevCenterServer経由でVMware vSphere ESXiサーバに接続し、設定を追加します。そのため、ご利用中のすべてのVMware vSphere ESXiサーバをVMware vCenterServerに登録した状態で実行してください。
  • VMware vSphere アップグレード、またはVMware vSphere段階アップグレードを実行中の場合は、事後作業を含め、すべての作業が完了後に本スクリプトを実行してください。
  • 本スクリプトをダウンロードするためには、統合管理サーバ、または運用管理サーバのWebブラウザ(Internet Explorer)で、「IIJ GIOライブラリ」の初期設定が必要になります。

スクリプトのダウンロード方法、実行方法

スクリプトの入手方法、及び実行方法を説明します。

1.リモートデスクトップ接続を使用し、統合管理サーバ、または運用管理サーバに接続します。
2.「IIJ GIOライブラリ」へ接続します。
3.「IIJ GIOライブラリ」のソフトウェア一覧で、スクリプトファイル「backupsetvw_prepare.ps1」を表示します。
4.「ご利用規約」を確認し、「規約に同意する」チェックボックスをチェックします。
規約に同意する

「ダウンロード」ボタンが有効になります。

5.「ダウンロード」ボタンをクリックし、ソフトウェアのダウンロードを開始します。
ダウンロード
6.スタートボタンをクリックし、「Windows PowerShell」フォルダの「Windows PowerShell」を右クリックして、「管理者として実行する」をクリックします。
管理者として実行する
7.手順5.でダウンロードした「backupsetvw_prepare.ps1」スクリプトを実行します。
スクリプトを実行
8.VMware vCenter Server Applianceをご利用の場合のみ、administrator@vsphere.localのパスワードの入力が求められます。パスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。VMware vCenter Server Appliance以外の環境をご利用の場合は、手順9.に進みます。
パスワードを入力
補 足

スクリプトの実行に必要な情報は、IIJ GIOインフラストラクチャーP2 プライベートリソースのコントロールパネルに記載されています。詳細は、「B:コントロールパネルのご利用方法 > 8.仮想化プラットフォーム > 8.1 ベースセット/VW > 8.1.1 ベースセット/VW詳細情報」をご参照ください。「統合管理サーバ」タブ、または「運用管理サーバ」タブで確認できます。

9.「[Info] 初期設定が完了しました。」が出力されていることを確認します。
実行結果
注 意

上記以外のメッセージが表示された場合は、IIJサポートセンターにお問い合わせください。

お問い合わせ先は、「6.お問い合わせ時に必要な情報」をご参照ください。