システムストレージ追加申込

API情報

API種別 メソッド URI 対象 名称 実行
契約 POST /:GisServiceCode/system-storages.json システムストレージ システムストレージ追加申込 非同期

リクエストパラメータ

  パラメータ 必須 意味
URL GisServiceCode P2契約のサービスコード gis########
ボディ Type ストレージ品目  
  Encryption 暗号化 "Yes", "No"
  StorageGroup   ストレージグループ。省略時はどちらかのグループへ自動的に割り当てられます "Y", "Z"
  ImageId   利用するイメージのイメージID 数値
  SourceServiceCode   インスタントクローニングのクローン元とするストレージのサービスコード ica########

レスポンス

フィールド タイプ 意味
ServiceCode String システムストレージのサービスコード iba########, ica########
Label String ラベル 文字列
ContractStatus String 契約状態  
StartDate String 利用開始日 YYYYMMDD
StopDate String 解約予定日 YYYYMMDD
Type String システムストレージ品目  
OSType String OS種別 ”Linux", ”Windows"
StorageSize String ストレージ容量 数値
ResourceStatus String ストレージステータス  
StorageGroup String ストレージグループ "Y", "Z"
Mode String ストレージのモード "Basic", "Backup"
Encryption String 暗号化 "Yes", "No"
SourceServiceCode String インスタントクローニングのクローン元ストレージのサービスコード ica########
DestinationServiceCodes Array インスタントクローニングのクローン先ストレージのサービスコード 契約直後のシステムストレージはインスタントクローニングのクローン元となっていないため、空になります
AttachedVirtualServer Object 接続された仮想サーバ 契約直後のシステムストレージは仮想サーバに接続されていないため、空になります

エラーコード

制限

サンプル

リクエストボディ

# 通常
{
    "Type": "SX30GB_CENTOS7_64",
    "Encryption": "Yes",
    "StorageGroup": "Y"
}

# イメージ指定追加
{
    "Type": "SX30GB_CENTOS7_64",
    "Encryption": "Yes",
    "StorageGroup": "Y",
    "ImageId": "1"
}

# インスタントクローニング
{
    "Type": "SX30GB_CENTOS7_64",
    "Encryption": "Yes",
    "StorageGroup": "Y",
    "SourceServiceCode": "ica########"
}

レスポンス (JSON)

Json
{
    "RequestId": "xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx",
    "ServiceCode": "iba#######1",
    "Label": "",
    "ContractStatus": "InPreparation",
    "StartDate": "",
    "StopDate": "",
    "Type": "S30GB_CENTOS7_64",
    "OSType": "Linux",
    "StorageSize": "30",
    "ResourceStatus": "",
    "StorageGroup": "Y",
    "SourceServiceCode": "",
    "DestinationServiceCodes": [
    ],
    "AttachedVirtualServer": {
    }
}