制限事項

  • 監視マネージャと監視対象ノードの疎通性を確保していただく必要があります。
  • システム構成によっては、一部の機能を提供できない場合があります。
  • インターネット経由での監視のみIPv6アドレスに対応しています。ただし、「プライベート接続インターネットVPNリンク」はIPv4のみの対応となります。
  • 監視対象ノードへのログインが必要となるような作業、及び障害についての対応は行いません。
  • お客様の設定不備に起因するお客様システムの事象調査、及び復旧対応は行いません。
(例)
監視間隔を短期間に設定し、監視対象ノードの負荷が上昇した
監視対象機器の負荷により監視結果を取得できなかった
  • 大量のアラートを検知した場合は、監視の停止または監視条件を変更する場合があります。
(例)
5分あたり100件以上のアラートを検知した。 
  • アラート通知メールはsupport@iijgio.jpから送信します。送信元を制限している場合は、受信許可設定を行ってください。
  • 15分以内の監視サービスの停止、及び15分未満のグラフ描画データの欠損、及びアラート通知機能の遅延は正常稼働の範囲内とし、アナウンスしません。
  • UDPを利用した監視項目(SNMP、F-SNMP、NTP、LINKUP、TRAP)は、監視結果を保証するものではありません。
  • IPアドレスの第4オクテットが「0」、「255」となるアドレスは監視できません。
  • プライベート接続経由で監視を行う場合は、弊社設備(203.180.60.0/23、203.180.63.0/24)と監視対象ノードまでの通信経路を確保してください。通信経路が確保されていない場合、監視機能が提供できません。通信経路を絞り込む必要がある場合は、『IIJ統合運用管理サービス 監視コントロールパネル 操作編』をご覧ください。