PUT cache_setting

API情報

HTTPメソッドAPI名目的
PUTcache_settingキャッシュ設定
  • キャッシュの動作を設定をします。

個別パラメータ

URL
フィールドタイプ意味
UrlSchemeString

URLスキーム

値: http, https

HTTPリクエストボディ
  • QueryTypeのみを変更する場合は、QueryTypeとCachedKey のみをパラメータに設定します。
  • CacheTtlのみを変更する場合は、CachTtlのみをパラメータに設定します。
  • CacheTtlに、[]をセットするとキャッシュのTTL設定がクリアされます。

 

フィールドタイプ意味
QueryTypeString

クエリストリング付きアクセスの取り扱い設定 (no-cache: クエリストリング付アクセスをキャッシュしない, all-cache: クエリストリング付アクセスをすべてキャッシュする, key-cache: キャッシュするクエリパラメータ名を指定する)

値: no-cache, all-cache, key-cache

CachedKeyString

キャッシュ対象のクエリストリングパラメタ文字列 

  • 最大256文字
  • 利用可能な文字は半角英数, アンダースコア("_")です。
  • Result.QueryTypeが"key-cache"の場合のみ設定できます。
CacheTtlArray

キャッシュ設定

  • 最大100個
CacheTtl.PathString

URLパス

  • 最大256文字
  • 利用可能な文字は,半角英数および次の記号 スラッシュ("/"),ドット("."),ハイフン("-"),アンダースコア("_"),チルダ("~")です。
CacheTtl.SubDirectoryString

配下/直下 (on: 前方一致するすべてのファイルをキャッシュする, off: URLと完全一致するファイルのみをキャッシュする)

値: on, off

  • Result.CacheTtl.CacheTypeが"invalidate"の場合は"on"を設定します。
CacheTtl.ExtensionString

キャッシュするファイルの拡張子

  • 最大5文字
  • 利用可能な文字は,半角英数字および アンダースコア("_")
  • Result.CacheTtl.CacheTypeが"invalidate"の場合は無視されます。
CacheTtl.CacheTypeString

コンテンツのキャッシュ方法 (validate: キャッシュする, ignore-server-nocache:no-cacheレスポンスヘッダを無視してキャッシュする, invalidate: キャッシュしない)

値: validate, ignore-server-nocache, invalidate

CacheTtl.TtlString

キャッシュ更新までの時間(キャッシュTTL)

  • 1~43200
  • Result.CacheTtl.CacheTypeが"invalidate"の場合は"-1"を設定します。
CacheTtl.TextCookieCacheString

リクエストにCookieが含まれている場合にContent-Typeがテキストのコンテンツのキャッシュ可否(on: キャッシュする, off: キャッシュしない)
値: on, off

  • 省略した場合は "キャッシュしない"("off") になります。
     
  • 2014/10/21 以前にご契約のお客様は,指定できません。常に"off"になります。
CacheTtl.IgnoreClientNocacheString

no-cache付きリクエストのキャッシュ可否(on: キャッシュする, off: キャッシュしない)
値: on, off

  • 省略した場合は "キャッシュしない"("off") になります。
     
  • 2014/10/21 以前にご契約のお客様は,常に"off"になります。
CacheTtlBase.TextCookieCacheString

"on" の場合,Result.CacheTtl.TextCookieCache の設定に関わらず, 全てのURLに「リクエストにCookieが含まれている場合にContent-Typeがテキストのコンテンツをキャッシュする」 が適用されます。

値: on, off

  •  2014/10/21 以前にご契約のお客様は,常に"off"になります。
CacheTtlBase.IgnoreClientNocacheString

"on" にした場合,Result.CacheTtl.IgnoreClientNocache の設定に関わらず,全てのURLに 「no-cache付きリクエストをキャッシュする」 が適用されます。

値: on, off

  • 2014/10/21 以前にご契約のお客様は,常に"off"になります。
HttpsCacheString

HTTPSコンテンツのキャッシュ方法

値: on, off

  • UrlSchemeがhttpsの場合に指定可能です。
  • 2016/7/26 以降、本設定無効化に伴い、設定値の変更は行えなくなります。
  • HTTPSコンテンツのキャッシュ方法を設定する場合はキャッシュバイパス機能をご利用ください。
  • キャッシュバイパス機能につきましては詳細資料をご参照ください。
SslV3String HTTPS通信のSSL 3.0 有効・無効(on:有効, off:無効)

値: on, off

  • UrlSchemeがhttpsの場合に指定可能です。
  • 2015/11/10 以降、SSL 3.0 無効化に伴い、設定値の変更は行えなくなります。

レスポンス

フィールドタイプ意味
Result.UrlSchemeString

URLスキーム

値: http, https

Result.QueryTypeString

クエリストリング付きアクセスの取り扱い設定 (no-cache: クエリストリング付アクセスをキャッシュしない, all-cache: クエリストリング付アクセスをすべてキャッシュする, key-cache: キャッシュするクエリパラメータ名を指定する)

値: no-cache, all-cache, key-cache

Result.CachedKeyString

キャッシュ対象のクエリストリングパラメタ文字列 

  • Result.QueryTypeが"key-cache"以外の場合は、""(空文字)が設定されています。
Result.CacheTtlArray

キャッシュ設定

  • 最大100個
Result.CacheTtl.PathString

URLパス

  • 最大256文字
Result.CacheTtl.SubDirectoryString

前方一致するすべてのファイルをキャッシュする場合は配下(on)、URLと完全一致するファイルのみをキャッシュする場合は直下(off)

値: on, off

  • Result.CacheTtl.CacheTypeが"invalidate"の場合は"on"が設定されています。
Result.CacheTtl.ExtensionString

キャッシュするファイルの拡張子

  • 最大5文字
  • Result.CacheTtl.CacheTypeが"invalidate"の場合は無視されています。
Result.CacheTtl.CacheTypeString

コンテンツのキャッシュ方法 (validate: キャッシュする, ignore-server-nocache:no-cacheレスポンスヘッダを無視してキャッシュする, invalidate: キャッシュしない)

値: validate, ignore-server-nocache, invalidate

Result.CacheTtl.TtlString

キャッシュ更新までの時間(キャッシュTTL)

  • 1~43200
  • Result.CacheTtl.CacheTypeが"invalidate"の場合は"-1"が設定されています。
Result.CacheTtl.TextCookieCacheString

リクエストにCookieが含まれている場合にContent-Typeがテキストのコンテンツをキャッシュする場合は "on", キャッシュしない場合は "off"
値: on, off

  • Content-Typeがテキスト以外の場合は、本設定によらずキャッシュします。
  • 2014/10/21 以前にご契約のお客様は,常に"off"になります。
Result.CacheTtl.IgnoreClientNocacheString

no-cache付きリクエストをキャッシュする場合は"on",キャッシュしない場合は"off"
値: on, off

  • 2014/10/21 以前にご契約のお客様は,常に"off"になります。
Result.CacheTtlBase.TextCookieCacheString

"on" の場合,Result.CacheTtl.TextCookieCache の設定に関わらず, 全てのURLに「リクエストにCookieが含まれている場合にContent-Typeがテキストのコンテンツをキャッシュする」 が適用されます。

値: on, off

  • Content-Typeがテキスト以外の場合は、本設定によらずキャッシュします。
  • 2014/10/21 以前にご契約のお客様は,常に"off"になります。
Result.CacheTtlBase.IgnoreClientNocacheString

"on" にした場合,Result.CacheTtl.IgnoreClientNocache の設定に関わらず,全てのURLに 「no-cache付きリクエストをキャッシュする」 が適用されます。

値: on, off

  • 2014/10/21 以前にご契約のお客様は,常に"off"になります
Result.HttpsCacheString

HTTPSコンテンツのキャッシュ方法

  • Result.UrlSchemeが"https"の場合に設定されています。
  • 2016/7/26 以降、本設定は無効になり、レスポンス値は常に"off"となります。
  • HTTPSコンテンツのキャッシュ方法を確認する場合はキャッシュバイパス機能の設定をご参照ください。
  • キャッシュバイパス機能につきましては詳細資料をご参照ください。
Result.SslV3StringHTTPS通信でSSL 3.0 を有効にする場合は"on" , 無効にする場合は"off"
値: on , off
  • Result.UrlSchemeが"https"の場合に設定されています。
  • 2015/11/10 以降、SSL 3.0 設定は標準で無効になります。

エラーコード

  • このAPIに関する個別エラーはありません。
  • 共通エラーコードはエラーレスポンスを参照してください。

制限

  • CacheTtl.Path, CachTtl.SubDirectory, CachTtl.Ttlが同一の設定を複数指定することはできません。
  • CacheTtl.CacheTypeに、"invalidate"(キャッシュしない)を設定した場合は、CacheTtl.SubDirectoryに"on"、CacheTtl.Ttlに"-1"を設定してください。
  • 2014/10/21 以前にご契約のお客様は次のパラメタの設定を変更できません。常に"off"となります。
    • CacheTtl.TextCookieCache
    • CacheTtl.IgnoreClientNocache
    • CacheTtlBase.TextCookieCache
    • CacheTtlBase.IgnoreClientNocache
  • 2015/11/10 以降、このAPIにてパラメタ SslV3 の値は変更できません。

サンプル 

 リクエスト

PUT /r/(APIVersion)/(ServiceCode)/(UrlScheme)/cache_setting.json
Host: cac.api.iij.jp
Content-Type: application/json
Date: Mon, 20 Jan 2014 12:34:56 GMT
x-iijapi-Expire: (Expire)
x-iijapi-SignatureMethod: (SignatureMethod)
x-iijapi-SignatureVersion: (SignatureVersion)
Authorization: IIJAPI (AccessKeyId):(Signature)

{"QueryType":"all-cache","CachedKey":"",
 "CacheTtl":[
 {"Path":"example","SubDirectory":"off","Extension":"","CacheType":"validate","Ttl":"300","TextCookieCache":"on","IgnoreClientNocache":"on"},
 {"Path":"example/js","SubDirectory":"on","Extension":"js","CacheType":"validate","Ttl":"1440","TextCookieCache":"on","IgnoreClientNocache":"on"},
 {"Path":"example","SubDirectory":"on","Extension":"html","CacheType":"invalidate","Ttl":"-1"}],
 "CacheTtlBase":{"TextCookieCache":"off","IgnoreClientNocache":"off"}}}}

レスポンスボディ

{
    "Result": {
        "RequestId":"xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx",
        "ServiceCode": "cac########",
        "UrlScheme": "http",
        "QueryType": "all-cache",
        "CachedKey": "",
        "CacheTtl": [
            {
                "Path": "example",
                "SubDirectory": "off",
                "Extension": "",
                "CacheType": "validate",
                "Ttl": "300",
                "TextCookieCache":"on",
                "IgnoreClientNocache": "on"
            },
            {
                "Path":"example/js",
                "SubDirectory": "on",
                "Extension": "js",
                "CacheType": "validate",
                "Ttl": "1440",
                "TextCookieCache":"on",
                "IgnoreClientNocache": "on"
            },
            {
                "Path":"example",
                "SubDirectory": "on",
                "Extension": "html",
                "CacheType": "invalidate",
                "Ttl": "-1",
                "TextCookieCache":"off",
                "IgnoreClientNocache": "off"
            }
        ],
        "CacheTtlBase":{"TextCookieCache":"off","IgnoreClientNocache":"off"}
    }
}