ReleaseIncidentRelate

「UOMポータル」の「チケット管理」と同様に、現在のインシデント情報の関連付けを解除できます。

HTTPメソッドAction名称
POSTReleaseIncidentRelateインシデント関連解除
1: リクエストパラメータ
パラメータタイプ必須意味最大文字数リクエスト例備考
OfficeIdString事業者コード11IIJ00000001固定
ServiceCodeStringサービスコード15uom12345678ご契約のサービスコードを指定してください
MasterIdString申請者マスターID15SA9876543マスターIDを指定してください
MasterIncidentIdStringマスターチケット番号15IM1234567関連付けられたチケットの上位のチケット番号を指定してください
IncidentIdString[]チケット番号15IM1234567関連付けられたチケットの下位のチケット番号を指定してください
LocaleString表示言語10

下記のみ利用可能です

0:日本語

2: レスポンス
正常終了
フィールドタイプ意味備考
StatusCodeStringステータスコード成功時200が返却されます
Result 結果 
RequestIdStringリクエストIDAPIリクエストごとに割り当てられる一意なIDです

異常終了
フィールドタイプ意味備考
Result 結果 
RequestIdStringリクエストIDAPIリクエストごとに割り当てられる一意なIDです
ErrorTypeStringエラータイプ異常終了となったエラータイプです
ErrorMessageStringエラーメッセージ異常終了となったエラーメッセージです

3: エラーメッセージ
エラーHTTP Status CodeErrorTypeErrorMessage説明備考

パラメータエラー

400

Parameter Error

There are invalid parameters.パラメータの形式が無効 
Webシステムエラー500UOM WebSystem ErrorUOM Web System error occurred.システム障害 
4:警告メッセージ

なし

5:制限

なし

6:サンプル(REST形式)
config.rb
##
## 個別設定
##

# API のキー設定
IIJAPI_ACCESS_KEY = "1234567890ABCDEFGHIJ"
IIJAPI_SECRET_KEY = "1234567890ABCDEFGHIJabcdefghijklmnopqr+1"

##
## API の基本設定
##

# API の ENDPOINT 設定
IIJAPI_ENDPOINT = https://uom.api.iij.jp
IIJAPI_SSL_NO_VERIFY = true

# API バージョンの設定
APIVERSION = "20161003"

# Content-Type の設定
CONTENTTYPEVALUE = "application/json; charset=utf-8"

# インシデント関連解除
# 以下の内容は、適宜修正してください。
ACTION = "ReleaseIncidentRelate"
PARAMS = '{
	"OfficeId" : "IIJ00000001",
	"ServiceCode" : "uom12345678",
	"MasterId" : "SA9876543",
	"MasterIncidentId" : "IM1234567",
	"IncidentId" : ["IM1234567","IM1234568","IM1234569"],
	"Locale" : "0"
}'
レスポンス(XML)

本APIでは、XMLでのリクエストを許可していません。

レスポンス(JSON)
正常終了
{
	"ReleaseIncidentRelateResponse": {
		"RequestId":"xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx",
	}
}
異常終了
{
	"ErrorResponse": {
		"RequestId":"xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx-xxxxxxxx",
		"ErrorType":"UOMWebSystemError",
		"ErrorMessage":"UOM Web System error occurred."
	}
}