ログインを許可するID種別を設定する

IIJサービスオンラインにIIJ IDでログインするためには、利用するマスターIDごとにログインを許可するID種別の設定でIIJ IDを許可する必要があります。

ログインを許可するID種別の設定内容

ログインを許可するID種別は、運用管理担当者(マスターID)ごとに、以下のいずれかを設定できます。

  • マスターIDのみ許可(デフォルト)
  • IIJ IDのみ許可
  • マスターIDとIIJ IDともに許可
サービスの運用管理担当者

ログインを許可するID種別の設定を変更する場合は、サービスグループの運用管理担当者へ依頼してください。

サービスグループの運用管理担当者

IIJサービスオンラインより、自分の設定のほかに、サービスグループ及びその配下のサービスに登録さている担当者の設定を確認及び変更できます。

【参考】

  • 現在ログインしている担当者のログインを許可するID種別の設定を変更した場合、ログアウトするまでは変更前のセッションが継続します。
  • ログインを許可するID種別の設定を変更しても、IIJ IDとマスターIDの連携は削除されません。