担当者作成時にログインを許可するID種別を設定する

IIJサービスオンラインで担当者を作成する際に、ログインを許可するID種別を設定することができます。

【注意】

担当者の作成は、サービスグループの運用管理担当者のみ行えます。

IIJサービスオンラインで担当者を作成する手順は、IIJサービスオンラインご利用に当たってに掲載されている、『IIJサービスオンライン サービスグループの運用管理担当者向け ご利用にあたって』の「担当者を作成する」をご覧ください。

【注意】

担当者作成時にIIJ IDのみ許可した場合IIJサービスオンラインにマスターIDでログインできません。作成された担当者にお知らせする「担当者登録完了のお知らせ」の指示に従いマスターパスワードを設定した後、IIJ IDとマスターIDを連携してください。IIJ IDとマスターIDの連携手順は、「IIJ IDとマスターIDを連携する」をご覧ください。

【参考】

担当者の作成を書面で申請された場合は、マスターIDのみ許可として登録されます。必要に応じてログインを許可するID種別を変更していください。ログインを許可するID種別の設定手順は「ログインを許可するID種別を設定する」をご覧ください。