プライベート接続標準リンク

「IIJ統合運用管理サービス」の監視サービス、運用サービス、及びジョブ管理サービスを提供するために標準プライベート接続ゲートウェイを提供します。UOMコードごとに、以下のプライベート接続標準リンクをご契約いただけます。

項目仕様
契約単位1
最小契約数0
最大契約3
通信制御
  • リンク機器を通過可能な通信は、「IIJ統合運用管理サービス」の監視サービス、運用サービス、及びジョブ管理サービスを提供するための通信に制限します
  • ポート間の通信は遮断します※1
同意事項
  • お客様ラック内にリンク機器からの構内配線を敷設させていただきます
  • リンク機器のI/Fに設定するIPアドレスを割り当てていただきます※2
  • リンク機器及びサービス設備が故障した場合は、復旧に半日程度かかる可能性があります
    リンク機器及びサービス設備にてメンテナンスが行われる場合、メンテナンス時間中はサービスを提供できない場合があります
  • ポート単位でのご契約になるため、複数のセグメントを利用する場合は複数ご契約いただく必要があります
  • リンク機器の対向にあるお客様機器のI/Fの抜線や停止をする場合は、事前に連絡してください
契約条件

弊社データセンターに設置されているシステムに対して、「IIJ統合運用管理サービス」を提供する場合のみご契約いただけます

制限事項
  • お客様はリンク機器にログインできません
  • リンク機器とお客様ITシステムとの結線は実施しません
  • リンク機器の設定情報などは開示できません
  • 「IIJ統合運用管理サービス」の設備IPアドレスと、お客様ITシステムのIPアドレスが重複する場合は、サービスを提供できない可能性があります
  • お客様ITシステムで利用するIPアドレスは、弊社から提供されるIPアドレスです※3
  • 同一経路に関する複数の静的経路設定はできません
  • スイッチポートでの提供のため、リンク機器の対向にあるお客様機器がオートネゴシエーションではない場合は、クロスケーブルが必要になる可能性があります
障害時の動作

プライベート接続標準リンクを経由した監視サービス、運用サービス、及びジョブ管理サービスが提供できません

初期引き渡し状態

以下の状態で提供します

  • リンク機器の正常性が確認できた状態
  • リンク機器への監視※4が正常であることが確認できた状態
お客様設定作業お客様ITシステム機器とリンク機器の結線
解約条件標準リンクを経由した監視サービス、運用サービス、及びジョブ管理サービスが提供できません
お客様解約作業お客様ITシステム機器とリンク機器の抜線

※1:複数ご契約いただいた場合でも、ポート間の通信は遮断します
※2:お客様が利用しているセグメントから割り当てていただきます。
※3:「IIJ統合運用管理サービス」の監視サービス、運用サービス、及びジョブ管理サービスを提供するセグメントです。
※4:リンク機器に対して、I/Fへの死活監視、ログ監視を行います。

提供構成例