プライベート接続リモート拡張リンク オプションサービス

冗長構成オプション

4台のリンク機器による冗長構成で、プライベート接続リモート拡張リンクを提供するオプションです。

項目仕様
契約単位1
最小契約数0
最大契約3
通信制御リンク機器を通過可能な通信は、「IIJ統合運用管理サービス」の監視サービス、運用サービス、及びジョブ管理サービスを提供するための通信に制限します
同意事項
  • リンク機器をお客様ラック内(2U)に設置させていただきます
  • リンク機器を接続する電源を提供していただきます
  • リンク機器設置作業時に、ご契約者のラックを開錠し、作業を実施させていただきます
  • リンク機器のI/Fに設定するIPアドレスを割り当てていただきます※1
  • 提供可能なセグメント数はリンク機器によって変更される可能性があります
  • リンク機器が故障した場合、障害対応として保守ベンダによるお客様ラック内での作業を実施します※2
  • 弊社データセンターとお客様環境を接続する回線は、弊社指定の回線を利用していただきます※3
  • サービス提供に支障をきたすため、引き渡し前後にかかわらず、設定後リンク機器に対して、以下の行為はご遠慮ください
     *リンク機器の移動
     *電源断となる行為
    やむを得ない理由により上記作業を実施する場合は、事前に弊社担当営業へ連絡してください
  • リンク機器の対向にあるお客様機器のI/Fの抜線や停止をする場合は、事前に弊社担当営業へ連絡してください
  • お客様指定の場所にリンク機器が設置できない、お客様指定の場所から電源が取れないなどの理由で、予定どおりに設置作業ができなかった場合は、再作業が必要となります。提供していただく情報は十分に確認してください。再作業となった場合は、設定変更作業として別途費用をいただきます
契約条件「IIJ統合運用管理サービス プライベート接続サービス プライベート接続リモート拡張リンク」のご契約が必要です
制限事項
  • お客様はリンク機器にログインできません
  • リンク機器とお客様ITシステムとの結線は実施しません
  • リンク機器の設定情報などは開示できません
  • 「IIJ統合運用管理サービス」の設備IPアドレスと、お客様ITシステムのIPアドレスが重複する場合は、サービスを提供できない可能性があります
  • 弊社が払い出したNAT用アドレスのうち、必要分をサービス設備で利用します
  • 1つのVLAN I/Fを複数の物理I/Fにアサインすることはできません
  • 同一経路に関する複数の静的経路設定はできません
  • スイッチポートでの提供のため、リンク機器の対向にあるお客様機器がオートネゴシエーションではない場合は、クロスケーブルが必要になる可能性があります
  • 海外拠点には提供できません
障害時の動作冗長構成が切り替わる時間(10sec程度)はリモート拡張リンクを経由した監視サービス、運用サービス、及びジョブ管理サービスが提供できません
初期引き渡し状態

以下の状態で提供します

  • リンク機器の正常性が確認できた状態
  • 2台のリンク機器で冗長構成がとれていることが確認できた状態
  • リンク機器への監視※4が正常であることが確認できた状態
お客様設定作業お客様ITシステム機器とリンク機器の結線
解約条件お客様システムラックに設置したリンク機器の撤去作業は、IIJ都合による場合を除き、利用終了日(サービス解約日)及びお客様ITシステム機器とリンク機器の抜線の後に実施します。お客様環境との接続に利用していた弊社回線サービスのサービス解約までに必要な所要時間を含むため、 撤去完了までに60~90日程度のお時間をいただきます
お客様解約作業お客様ITシステム機器とリンク機器の抜線※5

※1:お客様が利用しているセグメントから、I/Fのアドレスと冗長化に利用するVIPを割り当てていただきます。
※2:復旧に半日程度かかる可能性があります。
※3:回線敷設は、ラックが立架され電源が通った日より可能です。
※4:リンク機器に対して、I/Fへの死活監視、ログ監視を行います。
※5:リンク機器の撤去作業は弊社で実施します。

 

提供構成例