4. BLEセンサーを使う

BLEのセンサーを利用する

Acty-G3上で動作しているゲートウェイアプリケーションに、使用するBLEセンサーを登録することで、そのBLEセンサーが利用可能になります。

ここでは、センサーの登録・削除の手順について説明します。


センサーの登録

設定画面を開き、メニューの「センサー登録」を選択します。


登録済みのセンサーの一覧が表示されます(初期状態ではセンサーは未登録です)。

使用するBLEセンサーを用意し、センサーの電源をONにした状態にして、Acty-G3の付近に置きます。
その後、設定画面の「周辺のセンサーをスキャンする」ボタンを押します。


数秒すると、Acty-G3の周辺に存在するBLEセンサーの一覧(MACアドレス、名称)が表示されます。

「見つかったセンサー」の欄から、登録するセンサーを選択します。
「登録するセンサー」の欄から、センサーの機種を選択し、また分かりやすい名称を入力します。

「登録」ボタンを押すと、センサーが使用可能な状態になります。


【参考】BLEセンサーのMACアドレス・名称について

  • BLEセンサーのMACアドレスは、BLEセンサー本体(主にセンサー本体の裏面・底面・電池ボックスの裏などのラベル)や、センサー製品の外箱などに記載されている場合が多いので、確認をお願いします。MACアドレスの記載が見当たらない場合は、名称で判断するか、センサーの電源をON/OFFして「スキャン」を実施しセンサーが見つかる/消える、などの操作で判断してください。
  • BLEセンサーの名称は、BLEセンサーの仕様書やデータシートに記載されています。

【参考】センサーの機種の選択について


登録されたセンサーが一覧に表示されます。
複数のBLEセンサーを使用したい場合は、この操作を繰り返します。


登録したセンサーを使用する

登録したセンサーは、クラウドにデータを送信する の設定を行うことで、センサー値をIoT利用することができます。


センサーの削除

BLEセンサーを使わなくなったり、不要になった場合は、登録しているセンサーの登録を解除します。

削除するセンサーの右側の「削除」ボタンを押すと、センサーが削除されます。