ドメイン管理サービス+DNSアウトソースサービスの利用中にDNSSECを設定する

ここでは、ドメイン管理サービス及びDNSアウトソースサービスを利用中のお客様が、DNSSECを設定する場合の手順を説明します。

【参考】

  • DNSSEC設定により、ご契約のドメインのサブドメインまで有効になります。

DNSSECの設定
  1. IIJサービスオンライン(https://help.iij.ad.jp/)にアクセスします。
  2. 「マスターID」及び「マスターパスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

    【参考】

    マスターID及びマスターパスワードは、『IIJインターネットサービス登録完了のお知らせ』に記載されています。

    IIJサービスオンラインの「HOME」ページが表示されます。

  3. 「設定と管理」>「サービスの設定と管理」を選択し、利用中のドメイン管理サービスに合わせて、「属性地域型ドメイン管理」、「汎用JP型ドメイン管理」または「gTLD型ドメイン管理」を選択します。

    ここでは、「gTLD型ドメイン管理」を選択する場合を例に説明します。

    「属性地域型ドメイン管理サービス」、「汎用JP型ドメイン管理サービス」または「gTLD型ドメイン管理サービス」ページが表示されます。

  4. DNSサーバを登録するサービスコードを選択します。

     

    選択したサービスコードの「サービストップ」ページが表示されます。

  5. 「DNSSEC設定」を選択します。

    「DNSSEC設定」ページが表示されます。
  6. 「有効(iij01-example.comドメインのみ)」または「有効(iij01-example.com以下のサブドメインも含む)」を選択し、「次へ」をクリックします。

    「DNSSEC設定/設定内容確認」ページが表示されます。
  7. 設定内容を確認し、「設定」をクリックします。

    「DNSSEC設定」ページが表示され、「現在の設定」が更新されます。

    以上で、DNSSECの設定が完了しました。